2017年8月12日 (土)

お知らせ

都合により 当分の間(3~4か月)ブログ休ませていただきます。

その間ご訪問できませんが、復帰の際には変わらぬお付き合い

お願い申し上げます。

2017年8月 8日 (火)

花ハス遊覧船

城沼の花ハス遊覧船は、花ハスの群生する中に突っ込む感じでハスの葉に触れながら楽しむことができる。

沼辺から眺めるとハスの花が見えにくく咲いてないのではと思ったら、朝鮮ハスは一般的に葉の下で開くとか(葉隠れハス)葉の上で咲いてるのは(古代ハス)との船頭さんの説明

水上から真近に自然の蓮の花をみることができる

1

葉に手が届きそうな水路

2

映り込みも・・・

3

大きな葉を掻き分けながら進むジャングル船のようだ

4

船上からだとよく見える花ハス

5

撮影ポイントでは船頭さんが船を止めてくれる

7

落ち着いて狙い撮りができる

6 8

大きな遊覧船

9

(7月27日撮影)

2017年8月 4日 (金)

つつじが岡公園の花ハスまつり

昨年までパークインで開催された国際花ハスまつりが鉢植えながら開催されている。

既に見頃の時期は過ぎたようだが、生き残った花を見付けてパチリだ。

原産国と品種名が記されているがシャッターを押して2~3歩後にはもう忘れてしまう。

36

国外のハスは八重咲が多いのだろうか?

31

32

34 35

もしかして古代蓮かも・・・

38

37

33

(7月27日撮影)

次回は花ハス遊覧船をUPします。

2017年7月31日 (月)

手筒花火 その②

合間にスターマインも打ち上げられ手筒花火の打ち揚げも佳境に入った。

2本同時揚げ

7

片手手筒 歩行揚げも・・・

10

アッチチ 我慢だ男意気

6

火薬が燃え尽きる瞬間は筒底に逆噴射

26

24

火の粉の中で我慢比べ・・・

23

フィナーレ 12本の手筒花火が一斉に・・・・

27

(7月22日撮影)

2017年7月27日 (木)

第18回 館林手筒花火大会

今年も館林まつりのメーンイベントとして「手筒花火大会」が開催された。

年々観客も増え今年はバスツアーでの参加者のためのブルーシートが確保されていた。

・・・とともにカメラマンも多くなり正午に会場に到着したのに既に三脚が林立して割込みに一苦労だ。

隣の先着者は「9時に来たのに隙間はあったものの三脚も大分ありました」と・・・・・。

夕暮れ前のカメラマン

1

そしてPM7時30分お披露目打揚げ

28

21

火柱は真上に10mほど吹き上がる

4

14

熱っちち 約30秒の我慢・・・・・だ

22

総重量 9キロ~12キロ

25_2

(7月22日撮影)

次回も手筒花火をUP予定

2017年7月24日 (月)

館林まつり② 神輿乗り

夕暮れとともに神輿担ぎも佳境に入る。

夕陽がビルの陰に沈む頃・・・・

3

神輿 姫が・・・・・

2

こちらにも・・・・・

15

僕らも負けないぞ

4

記念撮影 おっと神輿撮りではなかった

1

(7月16日撮影)

次回は館林祭りのメーンイベント 手筒花火をUP予定。

2017年7月21日 (金)

館林まつり

今年も猛暑の中「第46回館林まつり」が開催された。

まつりと言えば神輿と露天商そして美人の浴衣姿・・・だ。

まずは神聖な神輿を

5

揃い踏み

6

金魚すくい・・・初体験・・か

8

僕はお手伝い・・・だ

9

人混みの中で見つけた

7

(7月16日撮影)

2017年7月18日 (火)

オニバス自生地

加須市北川辺の今年のオニバスは如何・・・と下見に行ってきた。

想像通り1か月程早く未だほとん花は見られないが、その昔は飢饉に備えて栽培され種子や葉柄は食用にしていたとか・・・・・。

11

撮影時の自生地

12

観察池では・・・

13

14

(7月10日撮影)

観察池わきの案内看板には7月下旬~8月が見頃と・・・・・

15

7年前に行った時には・・・・

16

こんなに見事だったのだが・・・・・

17

(2010年8月撮影)

2017年7月14日 (金)

ホテイアオイ

ホテイアオイが見頃になったとあるTV局が放映してたので早速出かけた。

加須市「道の駅大利根」の直ぐ脇の水田で、一部は満開見頃なれどこれから花を咲かせる株も多い。

此処も他の花々と同様に今年の暑さのためか・雨不足なのか、花で埋め尽くされたというわけにはいかないようだ。

見頃となったホテイアオイ

1

2_2

雑植物が繁茂しすぎて関係者は整理に一苦労

5

・・・雑植物の整理後は空白地帯が各所にできる

7

それでも美しく咲いた

6

見事な一帯

4

(7月10日撮影)

2017年7月10日 (月)

雨上がりの狭庭

当地は先日の台風3号による被害もなく連日35℃前後の猛暑に四苦八苦している。

台風一過で早朝に雨が止んだので水滴の付いた花は普段の手入れ不足を補って美しく見せてくれる。

吉沢ユリの里産

1

台風一過の朝日に輝くアナベル

2 3_2

未だ蕾が健在

4

柏葉アジサイは力尽きて

5

アリストロメリア

6

カンナ

7

(7月5日撮影)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー