« 足利FP | トップページ | ミスひまわり撮影会 (和服) »

2017年5月23日 (火)

赤城山 覚満淵散策

赤城山の山頂近くの覚満淵は小尾瀬と呼ばれる湿原だ。

約1㎞の周囲には木道が整備され貴重な高山植物の宝庫である。

11

・・・がこの時期は期待するのが無理か

12

鹿に出会うこともなく

13

新緑を見ることもできず

14

期待した高山植物も隠れたままだ

15

16

ただただ枯れ木枯草のみだった

17

(5月3日撮影)

« 足利FP | トップページ | ミスひまわり撮影会 (和服) »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、こんにちは^^
あらら・・・ 思ったより、ちと早すぎたのですね。。。
2枚目、道端の白いのは雪ですか?
白樺も良いし、クマザサのグリーンが目立ちますね♪
花が咲く前の、この風景も哀愁があって
この時期ならではの良い風景だと思いますよ^^
それにしても、鹿が出てきた撮るのでしょ、やっぱり!!!(笑)

理彩也さんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
何の予備知識もなく出かけるとこんなものなのでしょう(笑)。
6月に入ればヤマツツジやレンゲツツジが迎えてくれたのかも・・・。
せめてなんらかの色彩があったり霧にでもおおわれてくれたら・・・
と思ったのですが(望むのは無理か)。
2枚目は雪の残骸で日陰には所々に名残り雪がみられました。
それでもこの時期ならではの覚満淵の哀愁をおびた情景を
楽しむことができました。

春はまだ、みたいですねぇ。
情緒たっぷり。

自分も週末尾瀬に行ってきます。
まだ、雪に覆われているようです♪

コタローさんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
平地では真夏日が続いてるのに山岳地帯の夏は未だ先のようだ。
新聞の尾瀬情報では今年は雪が多く例年とは景色が違うようだ。
それでも場所によっては池塘や水芭蕉は十分楽しめるそうです。
気を付けて行ってらっしゃい 尾瀬の情景を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足利FP | トップページ | ミスひまわり撮影会 (和服) »