« 花のない「つつじが岡公園」 | トップページ | 多々良沼 夕陽を浴びる白鳥 »

2017年2月 3日 (金)

多々良沼の白鳥

今年は陽気のせいかそれとも当地の餌が気に食わないのか白鳥の遊ぶ舞台が変わったようだ。

これまでのガバ沼や夕陽の小径は敬遠されがちで浮島弁財天付近に陣取って、見物人からの餌を食べたり鴨と戯れたりして過ごすことが多いようだ。

多々良沼より群馬の象徴赤城山を望む

1

日中は穏やかに遊ぶ

9

それを眺める仲良しご夫婦             サイクリングのおじさんも・・・

7 8

そして夕陽が傾く頃

5 6

劇場第三幕の開演だ

10

(1月28日撮影)

« 花のない「つつじが岡公園」 | トップページ | 多々良沼 夕陽を浴びる白鳥 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん こんばんわぁ~ 
そうでしたかガバ沼や夕陽の小径は 敬遠されがちなのですね。
2枚目の写真を見ると 見物人からの餌を食べ来るのに
泳いで来ている感じですね^^;)
白鳥の飛んでいる姿を 色々工夫して撮りたくて行くのですが
以前は 行けば必ず飛んでいる姿を撮れたのに
今では ???マークですかぁ~ ん~~残念!

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
そうなんですよ 最近の白鳥は偏屈なのかお利口さんなのか
以前とは変わってきたようです。
遊泳場所や食事場所もその日によって変わるので見当すら
付きません。
地元ベテラン氏の話では飛翔姿や離水・着水も事故と同じで
運が良ければ撮れるし空振りの時も多いようです。
滅多に行かない私は運から見放されたようです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花のない「つつじが岡公園」 | トップページ | 多々良沼 夕陽を浴びる白鳥 »