« 初めての正面撮り | トップページ | 茂林寺湿原 »

2017年2月27日 (月)

眼前に着水した

眼前に着水・・・こんな近くに着水するのは幸運だ

23

24

25

夕陽を浴びての着水は美しい

26

離水・着水を眺めてるサギと白鳥と・・・

29

(1月28日撮影)

« 初めての正面撮り | トップページ | 茂林寺湿原 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

「カメラ」を向けた目の前に着水、これは自然を愛でる日ごろの心がけを神は、熟知しているからのことでもあります。
遠地への取材でないところ、これが最高であります。
身近な自然界(季節)の移ろいを題材にしての発信、それが、観る者にとっては間近な風物、「何とも言われない」穏やかな気持ちに、そして「あぁ・・・いいなぁ~」と、感嘆せずにいられない。

今日一日の健康を感謝することで、明日への道が必然と開けていくものです。明日の為でなく「いま」を大切に、お互いに時を過ごしましょう。
なにか、理屈っぽくなってしまいました。ごめんなさい・・・ネ。

追伸、先般の珍鳥、調べていただきました学名「ヤツガシラ」???。芋の一種にも「ヤツガシラ」ありますよねぇ~。
本当に、「ヘンナ??」名前ですねぇ・・・。

わ~お ハクチョウが飛んでる! 
 最近は飛ぶのですか
 そろそろ飛ぶ練習しておかないと帰れませんものね^^)
 
 はいはいはい 目の前に飛んで来てくれたのですね。
 夕陽を浴びて赤く染まったいい感じの白鳥が撮れてますね。
 
 いいですねぇ~ 
 もう1回ほどはそちらにお邪魔して
 今シーズン最後の白鳥を撮るにいきたいです^^)
 

マグレの木さんへ

こんにちは いつもコメントありがとうございます。
そうなんですよ 近い場所で白鳥が見られるなんて幸せです。
それも直ぐ目の前で飛んだり踊ったりするので退屈しないですよ。
寒ささえ我慢できればですが・・・・・。
特に北帰行が迫ってきたので長距離飛行の訓練してるのか
離水・団体飛行・そして着水が多くみられます。

あっそうそう ヤツガシラは既に故郷に向かったようでほんの
ちょっとの間館林に立ち寄っただけでした。

keiさんへ

こんにちは いつもありがとうございます。
いよいよ北帰行が迫ってきたようなので先週など何度も離水や
団体飛行が見られましたよ。
完全ではないけどV字もようの飛行も見られ運が良かったです。
気温や風向きによっては北帰行が早まるのかなーーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての正面撮り | トップページ | 茂林寺湿原 »