« 権現堂堤の彼岸花 | トップページ | ありし日の谷田川堤 »

2016年10月 6日 (木)

権現堂の曼珠沙華

幸手市の彼岸花シーズンも終了かも・・・・

権現堂堤全体像

11

来るのが少し遅すぎたようだ

12

見事に抜け出た一本

13

茎に取り囲まれて・・・・

14

此処からだと満開見頃なのだが・・・・

15

近寄ると色褪せている

16

(9月30日撮影)

« 権現堂堤の彼岸花 | トップページ | ありし日の谷田川堤 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ご幼少の身ごろに口ずさんだ「赤い花なら・曼珠沙華・・・・・」を思い出した。樹林に自生して一杯に咲き誇り見ごたえのある情景です。
また、この花は畑の周囲の淵にも多くを観る。「なぜ?」、根などに「毒」を含み、モグラなどから野菜などを防ぐためとのこと、と聞く。赤城山麓への道筋を彩り、目の保養になってもいるのに・・・。
昔から古人が言う、「美しいものには気をつけろ!」見栄えの妖しさに惑わされて、「苦い汁」を飲んだ記憶があるでしょう。
その心配を再現せぬよう、心に刻みましょうね!。

マグレの木さんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
一昔前なら野原や田圃の畦道に咲いてた彼岸花は、人々から
縁起の悪い花として毛嫌いする人もいたようですが、最近では
その色合いから観光の目玉になりつつあるようです。
特にカメラマンにもてはやされ見頃時には各地で混雑してますよ。
今年も彼岸花を追って3か所も駆け廻りましたよ(笑) 。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 権現堂堤の彼岸花 | トップページ | ありし日の谷田川堤 »