« 茂林寺湿地帯 | トップページ | 越後松代棚田めぐり part① 星峠の棚田 »

2016年3月 5日 (土)

白鳥 ⑧ 華麗な離水

事情があって外出を控えてるので撮影チャンスが少なくUP材料がないので、白鳥の同じような画像になりますがUPします。

白鳥も間もなく故郷シベリアに向かうので名残り惜しみつつご覧ください。

休憩中の背後から静かに飛び出すペアー

11

水面から飛び立つ姿は華麗で美しい

12

独りだけ遅れ気味

17

それでも空中で追い付く

1_2

夕陽が沈みかけた頃 グループでスタート

14

15

ねぐらに向かった(後方は赤城山)

4

(2月11日撮影)

« 茂林寺湿地帯 | トップページ | 越後松代棚田めぐり part① 星峠の棚田 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

とうとう今シーズンはまともに撮ったのは
 ご一緒させて頂いた1回のみとなりました。
 いまではもう北帰行についた白鳥も多いのでしょうね。
 
 白鳥はグロテスクな足を開いた着水より
 飛び立つ姿の方がいい というよりむしろ 華麗ですね。
 この瞬間をず~と何時間 何十分まっていなくてはいけませんので   
 期待と待ちくたびれての帰ろうかなとの葛藤の勝負ですね。

 拝見し 今そこにいるような気分にひたることができ
 感謝申し上げます。 

 ご事情ありとのこと 
 また 楽しいひと時を楽しみに致しております。 

keiさんへ

こんにちは いつもありがとうございます。
今シーズンも既に終盤となり旅立つ前のガバ沼に集結して
体調を整えてるようです。
昨日ヤボ用の帰り道に覗いたら60羽前後が2~3日後の
長旅に備えて休養してました。
因みに他の場所には白鳥も鴨も皆無でした。

林太郎さん

おはようございます
白鳥さん達も間もなく北帰行のようですね
これから日毎に春がかけやしでやってはそうです、桜の花も今年は早いみたいですね。

風太郎さんへ

こんにちは いつもありがとうございます。
今シーズンも既に終盤となり旅立つ前のガバ沼に集結して
体調を整えてるようです。
食べ物を腹一杯とり長旅に耐えうる体力をつけて間もなくの
旅立ちに備えてるようです。

8日は4月下旬の暖かさから一転、木々の芽吹き、自然の移ろいを見ながらの散歩(体力保持)、だが今日の9:30前後は小雪が舞い降りていたため中止した。年齢は隠せないのか、記憶力・体力ともに激減のこの頃であります。
期末になtると雑事に追われ、忙中閑あるも「爺~さんぽ記」の開封も滞りになりがちであります。
自然と共生する「白鳥」の旅立ちも間近になってきました、でしょうか?。
水際から力強く両腕筋肉を使い、天空へ飛び立つ雄姿は頼母のしい力強さを感じます。そして首筋を真っすぐに伸ばして、両の羽根を一杯に広げて空気を捉えての飛翔は実に美しい・・・。
体力と気力の維持を兼ての撮影、これからも心の和みを提供するため、頑張ってください

飛び立つ瞬間をきれいに撮られましたね
白鳥もいいフォームしてます
シベリアまで無事でーーー

力強い、そして美しい羽ばたきですねぇ。
今年も撮りに行けないまま、シーズンが終わって
しまいました。
来年こそ、来年こそ(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茂林寺湿地帯 | トップページ | 越後松代棚田めぐり part① 星峠の棚田 »