« つつじヶ岡公園 | トップページ | もみじ街道を走る »

2015年10月17日 (土)

揚舟 谷田川めぐり

群馬の水郷「揚舟 谷田川めぐり」は、川面に映える周囲の木々や野鳥のさえずりを聞きながら、船頭が一本の竹竿でさばく谷田川をゆっくり周遊します。

かって水害時に人や財産を避難させるために使用されたようですが、現在は町興しの観光用として活躍しています。

約2㎞ 40分の船旅をどうぞ・・・

1

ユーモア溢れる船頭さんの説明

2

3

中州の景観を真近で眺められる(クリックで拡大)

4 6

橋の向うは板倉ゴルフ場

5

揚舟・・・昔 水害時以外は家の軒下に吊り下げていた(陸に揚がっている)

8

(10月7日撮影)

今年は24(土)・25日(日)終了 乗船料 1,000円

« つつじヶ岡公園 | トップページ | もみじ街道を走る »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
 「ほのぼのと・揚げ舟川で・秋の日に」
    静かにゆっくりの流れを感じます。

圭介さんへ

こんにちは ありがとうございます。
今回で何度目になるのかなー・・・。
乗船するたびに新発見があるかと期待するのだが
ノンビリとした風情を楽しむだけでした。
それでも来年も乗船するかも・・・。

楽しそうですね♪
板倉のコスモス、今年はどうでした?
アップ期待していますよ。

コタローさんへ

こんにちは ありがとうございます。
板倉のコスモス畑は諸々の事情で中止になったのですよ。
近くなのでコスモス撮りには最高の所だったのですが・・・。
代わりに何処かと思っているうちに散っちゃいそうです(笑)。

時代を遥かに遡った時代は己の足、駕籠、乗合船などの移動手段、そんな中でゆったりとした悠久な時の流れに、こんなひとときを自然の中に身をゆだねる。館林地域は熱さばかりでなく「なんとまぁ!!」穏やかな歴史の宝庫なんでしょうか。
仰ぐ空は真っ青、ノビノビと繁茂し両河岸を覆う名もなき雑草と樹木、情報が氾濫する現在にあればこそ、尚更に郷愁を偲ぶ時間があっても、いいじゃない。
  サンキュウ・ベロマッチ!

林太郎さん、こんにちは^^
ここはいつも行きたい場所なんですが、なかなかチャンスがなくて残念!!!
今年も今週末で終わりなんですねー^^;
とっても素敵な風景がいっぱい☆
乗船して居る人と船頭さんの操る小舟、良いですよね^^
いつの日か、行ってみたいです♪

谷田川の揚舟に行かれましたか。
 ここは昔 PLフルターとレンズフードを
 谷田川の底深くにささげた 悔しい思い出があります^^;)
 女船頭さんなら また載ってしまうと思いますが・・・ 
 
 今年の夏写真撮りに行くときにと 網代傘を買いまいました。
 ただかぶっているだけなら調子がよかったのですが
 カメラを構えると 前の庇の部分にカメラが当たり
 ちょっと 調子が悪かったです ^^;) 

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
歴史の宝庫・・・なんて言葉は嬉しくもあり懐かしくもあります。
子供の頃こんな舟が軒下に吊り下げてあった家を見ましたよ。
それから〇〇年水害もなく使用することなく過ごせました。
そんな幸せを噛みしめながらの船旅?でした。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
そう 今年のシーズンは後2日で終了となりますが
来年も5・6・9・10月の土・日・祝日に運航されます。
機会があったら水郷の風情を味わってください。

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
そう言えば谷田川は恨みのある川だったですね。
〇〇万年後に世界遺産として川底から抽出されるのでは(笑)。
来年からは美人で若い女船頭さんの登場を期待したいですね。
観光協会に進言してみようかな?????。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つつじヶ岡公園 | トップページ | もみじ街道を走る »