« 常楽寺の石仏 | トップページ | 権現堂堤の彼岸花 »

2015年9月25日 (金)

恩林寺の彼岸花

白鳥の多々良沼から近い場所の恩林寺は、彼岸花を静かに眺められる隠れた名所である。

毎月第一土曜日には誰でも参加できる坐禅会を開いており、落ち着いた静かな時間を過ごすことが出来る。

25日~27日の「彼岸花まつり」には境内で顔ヨガやら手づくり雑貨の物販その他楽しいイベントが開催される。

狭い場所であるが大木の根元の彼岸花はまさに見頃である。

1

2

6

4 5_2

3

夕焼けか・陽の沈む瞬間を待っていたのだがこの後太陽は雲隠れしたまま・・・

7 8

9

(9月23日撮影)

« 常楽寺の石仏 | トップページ | 権現堂堤の彼岸花 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

お彼岸にはきまって咲くヒガンバナきれいです
もえるような赤がきれいですね
夕焼け時のヒガンバナ最高ですよ

たなちゃんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
この時期は何処に行っても真っ赤な彼岸花がキレイですね。
彼岸花の向こうに夕焼けか・陽の沈む瞬間を待っていたのだが
残念ながらこの後太陽は雲隠れしちゃいました。

林太郎さん

こんにちは
彼岸花が見事に咲き揃っておりましたね
夕焼けに色づく彼岸花も綺麗でしょうね
これまでコメ蘭が閉じられておりましたね。

「赤ぃ~花なら曼珠沙華♪♪」頭を垂れた稲穂が刈り獲られた畔道に咲いている彼岸花。稲の育ちに合わせて成長してゆき目を惹きつける花。
だが、美しく映える形あるものには、有毒を秘めているのも常識なれど「つい!、見惚れてしまう」。これほどまでに大木を取り巻き、いっぱいに咲き誇る赤い「ソファー]の上に、チョットのトゲや毒があっても飛び込んで「うたた寝」を貪りたい。そ・ん・な誘惑に負けちゃいそう。
私事だが刑期が満了し、娑婆の空気に触れてから約一ケ月、ようやくに雑居房入所前に戻りつあるところにある。
束縛されないこの日々の一時を意義あるものに生きてゆきたいものです。

はいはいはい UPなさっていましたね
 赤の絨毯がひき詰めらたような いい写真が撮れましたね。
 私は時半ごろ引き上げてしまいました。
 あと時間ちょいもいれば お会いできたのに
 残念でした。
 夕日も肝心の時に雲隠れとはねぇ~ 
 今までは陽が差していたのですのに
 う~ うまくいかない時もあるのですね
 是非 リベンジして家宝を増やしてください ^^)/

風太郎さんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
頭の中の想像で彼岸花の群生の先に陽か沈むのは
素敵だろうなーと・・・。
場所的にはいいのですが太陽が雲に隠れたのでは
諦めるしかありませんでした(笑)。

マグレの木さんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
今何処に行っても彼岸花が花盛りですね。
昔嫌われた花も今ではカメラマンにモテモテですよ(笑)。

お互い高齢者 身体には十分気をつけましょう。

keiさんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
家を出るときは照りつけていた太陽もあっと言う間に
雲隠れですよ。
普段の行いが災いしたのでしょうね反省してます(笑)。
これから晴天が続きそうですが彼岸花は既に終焉だし
リベンジする気力も失せましたよ(笑)。

恩林寺、素晴らしいですねぇ。
モコモコ。
来年は、きっと行きます!

おはようございます^^
今や彼岸花は旬ですから、キレイですね♪
御地にもこんなにキレイな群生地があったのですか?
聞いてないよ・・・って感じですが
今年は遅いだろうから来年かな?
覚えておこうーっと、、、〆(・・*) メモメモ・・
やっぱり、この時期は彼岸花に尽きますね♪

コタローさんへ

今晩は コメントありがとうございます。
それなりに撮り甲斐のある場所ですよ。
館林の巾着田というところでしょうか(笑)。

理彩也さんへ

今晩は コメントありがとうございます。
今 何処に行っても彼岸花で彩られてますね。
此処はお寺の境内の一角なので狭い場所ですが
それなりに見応えありますよ。
機会があったら足を延ばしては如何ですか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常楽寺の石仏 | トップページ | 権現堂堤の彼岸花 »