« 真夏の釣り師 | トップページ | 寂しい狭庭 »

2015年8月13日 (木)

江戸時代にタイムスリップ

東北道の羽生PA(上り)は、古き良き時代の江戸時代にタイムスリップしたかのようだ。

池波正太郎氏の小説「鬼平犯科帳」の江戸の町並みを再現したとか・・・。

とは言うものの建物内部は他のSA同様に食堂と土産物店であり、江戸の庶民が親しんだ

味と豊潤な江戸の美味と土産をふんだんに用意されているようだ。

1

2

3

5 4

7

6

(8月6日撮影)

こんな建物・情緒が好きなので、館林ICから僅か5分ほどの羽生PCまで行きパチリパチリそのまま羽生ICで折り返した暇老人の遊びでした。

« 真夏の釣り師 | トップページ | 寂しい狭庭 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、おはようございます^^
この街並みは、まさに江戸時代だ!!!
こんなに素晴らしいPAが羽生にあるなんて・・・
羽生は仕事で何度も行っているけれど
行くのは街中なので知らなかった^^;
でも、この街並みからラーメンの匂いが漂ったら・・・
サスガに現代に戻っちゃうね?  (^^; (笑)

林太郎さん ご無沙汰して申し訳けございませんでした。
 ほう ほう 「鬼平犯科帳」の江戸の町並みですって! 
 これはこれは新情報です。
 そちら方面に行ったときには絶対寄ります。
 最後の写真2枚 白黒が合いますね^^)

林太郎さん

おはようございます
羽生PAがこのような雰囲気なんて知らなかったですよ
何度か通っていたのですが見過ごしておりましたね
今度行った時には江戸時代の雰囲気を楽しみたいですね。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
我が町からは近過ぎてこれまでは立ち寄る機会のない
PAでしたが結構楽しめました。
時間帯によっては混雑するのでしょうが撮影するには
人影がなく丁度良かったですよ。
聞くところによると土・日・祝日は大道芸人等も現れて
楽しませてくれるようです。

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
我が町からは近過ぎてこれまでは立ち寄る機会のない
PAでしたが結構楽しめました。
でも高速道を利用してまで江戸の名物?を食べに行く
気にもなれませんよ(笑)。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
我が町からは近過ぎてこれまでは立ち寄る機会のない
PAでしたが結構楽しめました。
時間帯によっては混雑するのでしょうが撮影するには
人影がなく丁度良かったですよ。
聞くところによると土・日・祝日は大道芸人等も現れて
楽しませてくれるようです。

ずっと行こうと思っているんですが。
雨の深夜に外を見ただけ。
鬼平、大ファンなんですよ♪

ずっと行こうと思っているんですが。
雨の深夜に外を見ただけ。
鬼平、大ファンなんですよ♪

コタローさんへ

こんにちは コメントありがとうございます。
あらら・・ 「鬼平」さんのファンなんですか。
今もTVで鬼平犯科帳を放映してますよね。
江戸庶民が愛した数々の味や当時の様子を
伺い知るパンフレットがあるので機会があったら
立ち寄っては如何ですか。

やっと寄ってきました。
写真のように、素晴らしいとこですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の釣り師 | トップページ | 寂しい狭庭 »