« 春の芽生え | トップページ | 茂林寺川堤 »

2015年3月21日 (土)

ヨシ焼き後の多々良沼

3月18日(水)ガバ沼のヨシ焼きが実施されたのだが、所用があって行けなかったので終了後の焼け跡を見に行ってみた。

人家が近いのでガバ沼周辺の一部は除外してヨシ焼きが行われたようだ。

先週末に全羽がシベリアに旅立ったものと思っていた白鳥が未だに13羽も逗留しているのには驚いた。

それも周辺のヨシ焼きが行われたと言うのに・・・・・・。

グループの一羽家族かも知れないがが怪我してるので、体力が回復するまで北帰行を延期しグループ全員で見守ってるようだたまたま居合わせた白鳥を見守る会のメンバーの話

人間社会よりも情愛のある行動に感銘するとともに我々も教訓としたいものです。

燃え尽きた後のガバ沼

1

焼け跡の先に多々良沼がよく見える

2

浮島弁財天の近くまで焼け野原

5

焼け跡を眺める白鳥と鷺

4

当然その時間帯には多々良沼に一時避難してたようだ

3

(3月18日撮影)

見守る会の人によると餌が食べられないようなので長距離飛行は無理だとか・・・

仲間たちもこの先何時まで見守っていられるのか???

« 春の芽生え | トップページ | 茂林寺川堤 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
きれいに焼かれてきれいに黒くなってるようです
白鳥もびっくりでしょう
これから緑が生き生きと出てくるのですね

そうそう ヨシ焼きがあるて 
 そうような事 今年初めて聞きいていました。
 でも すっかり忘れていましたよ。平日でしたっけ?
 
へ~ 意外!! 
 ガバ沼から 多々良沼がそんなに近くに見えるのですね。
 へ~ 意外以外!!

怪我をしている白鳥
 仲間を思いやるなんて これも意外な一面を知りました。
 また一つ白鳥が好きになりました。
 来年は気合を入れて撮ってあげようと思います^^)
 

林太郎さん、おはようございます^^
そうそう、ヨシ焼きの時期ですね!!!
いつもヨシ焼きに行きたいと思いつつ忘れちゃって。。。

怪我をしている白鳥とその家族、、、
愛情いっぱいという心温まる光景ですが
怪我が治らなかったら、どうなるのか、、、ちょっと心配!!!
川辺の白鳥の傷ましい事件もあったので
コチラの白鳥は回復して欲しいなぁーと願うばかりです。

たなちゃんへ

こんにちは ありがとうございます。
害虫も蒸し焼きになり灰も肥料となって
立派なヨシもが育つようです。
それにしても傍に居た白鳥もビックリ
したことでしょうね。

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
平日のヨシ焼きなのでカメラマンも少ないと思いきや
結構賑わっていたようです。
ただ渡良瀬のヨシ焼きからみると規模も小さく焚き火
みたいなものです(笑)。
残念ながら所用で行けなかったので焼け跡のみの
撮影でしたが、白鳥の美しい行動を知ることが出来ました。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
今日は渡良瀬遊水地のヨシ焼きでしたが、それと比較すると
焚き火みたいなものですが結構賑わったようです。
残念ながら所用で行けなかったのでせめて焼け跡ぐらいはと
午後出かけたのですよ。
そこで白鳥の心温まる美しい光景を見ることが出来ました。
我々の社会に照らし合わせても何か考えさせられることが
ありそうですね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の芽生え | トップページ | 茂林寺川堤 »