« 晩秋色 | トップページ | 散歩道の花 ② »

2014年12月 7日 (日)

散歩道の花

散歩道には思わず見知らぬ花と出会うことがある。

エンジェルトランペット

12

出あうのが遅かったなー

11

「つつじ」の返り咲き

13

まあまあの見頃かなー

14

山茶花も間もなく散るのかなー

5

10

(11月27日撮影)

« 晩秋色 | トップページ | 散歩道の花 ② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ツツジの返り咲きですか、新鮮な感じ。
花の少ない季節、ありがたいですねぇ。
散歩を楽しくしてくれます♪

林太郎さん
おはようございます
色んな花が咲いてましたね
ツツジがこの時期に咲くなんて珍しいですね
今年も残り僅かになってしまいました、毎日を大事に暮らしましょう。

林太郎さん、こんにちは^^
エンジェルトランペットは残念!!!
毒持ちだから、いっかぁ~~~と諦めましょう!!! (^m^) クスッ
でも、ツツジが咲いているとは凄い☆彡
さすがはツツジで有名な街だけはある。。。 (笑)
山茶花も満開ですねー♪
これは見応えがあります^^
我が家のは遅咲きなので、これからボチボチと咲いて来ますよ^^

小太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
つつじヶ岡公園内の若い木は勘違いしたのか
結構咲いてましたよ。
ただどの花が綺麗か美しいのかボンクラには
判断できないのですよ(笑)。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
つつじヶ岡公園内の若い木は何を勘違いしたのか
結構咲いてましたよ。
先月暖かったように気温の関係があるのでしょうね。
その反動か急激な寒気に襲われたので戸惑ってます。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
つつじヶ岡公園内の若い木は何を勘違いしたのか
結構咲いてましたよ。
先月暖かったので返り咲きと言うより狂い咲きかも・・・
その反動か急激な寒気に襲われたので後期高齢者は
戸惑ってますよ(笑)。

幸運を呼びこむトランペット、「美」の裏側には少なからずの「毒」の存在が秘められている、という。その解釈は個人差で異なるも、頻繁に報道されている67歳の女性、全部がすべてではないにしても、その貪欲性には年齢に関係なく「ビックリ」している。だからと言って人間の行動は、常に「損・得」が物差しになっているが、少なくとも心の片隅には「真・嘘」の物差しはもっていたいものである。と、思わざるえない。
だが、屁理屈よりも日常生活の行動で接触し、同調できる諸先輩に恵まれる「人間性」を養いたい。
「毒」もよいが、「良薬は苦し」であります。
そんなことより、「きれいだなぁ~」と短絡に観たい心が先に立つ。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
散歩中に偶然出会ったトランペットに感激しました。
ただ出会う時期が少しズレていたようです。
もう少し早くここを通っていればもっと美しかったかも・・・。
でも美し過ぎると「毒」に侵されるのが心配です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋色 | トップページ | 散歩道の花 ② »