« 散歩道の花 | トップページ | 彫刻の小径 »

2014年12月11日 (木)

散歩道の花 ②

旧秋元別邸の「10月桜」・・・未だ咲いてました

8

9

ある邸宅の「皇帝ダリア」を盗み撮り

6

7

この木 何の木気になる木・・・

2

1

(12月9日撮影)

散歩道での出会いでした。

« 散歩道の花 | トップページ | 彫刻の小径 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

この時期 花の少なったところでの
 冬桜はありがたいですね。
 今シーズンはじっくりと撮っていません。

皇帝ダリアですね。この時期まだ咲いているのでしたけ?
 以前見た時にずいぶん背の高いところに咲く花だなぁ~と思っていて 
 数年後に”皇帝ダリア”ってわかりました^^;)
 花音痴のわたしですので・・・・

何の木気になる木
 以前の住いの近くにあった木ににています。
 良くヒヨドリが食べていたので その実を拾ってみましたが
 堅い殻で よくこんな堅い実を割って食べられるなと思いました。
 で 車が通ると パキパキパキパキ~♪ って・・・ なんか面白いい^^)
 この木でしょうかね。 
 でも 名前はわかりません^^;)

おはようございます
 「青空と・城下の町に・冬桜」
綺麗に咲いてますね・・・

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
「この木何の木気になる木」・・・多分日立の木でしょう。
TVのCMで歌ってたような気がしますよ(笑)。

そう硬そうな実でしたが食べたいとは思いませんよ・・・
高齢者は歯が心配で(笑)・・・・・・。

圭介さんへ

こんにちは ありがとうございます。
今年の冬桜は綺麗に咲いてましたよ。
この寒さの中でよく頑張ってますね。
高齢者も頑張らなくては・・・・・。

林太郎さん
こんばんは
珍しい花達が沢山咲いてましたね
散歩されているといろんな出会いがあり、そして撮影したりして楽しそうですね
また明日から一段と冷え込みが厳しくなりそうですが散歩も防寒対策に留意して下さい。

またまた羨ましい散歩道♪
皇帝ダリア、すっと伸びて美しいですねぇ。

おはようございます
桜がまだ咲き続けてますね
青空に冴えてますよ
皇帝ダリアがまだ勢いあるようです
子の木何の木かな?
センダンの木でしょうか

林太郎さん、おはようございます^^
うわ~ 十月桜が満開ですねー♪
まだ咲いていたのですね、いいなぁ^^
それに皇帝ダリアも美しい姿を見せて・・・
この花の色は本当に素晴らしいです♪
出会いがあったけれど、カメラを持ってなくて撮れなかった理彩也
コチラで拝見したので、いいや^^ 
気になる木は・・・ (・・)ホヨ?
気になるぅぅぅううう (笑)

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
散歩道の出会い・・・その散歩も寒くなったことを理由に
休みがちですよ(笑)。
でも外出しないと出会いがないし困ったものです。
風太郎さんの積極的な写欲と情熱を見習わなくては・・・
頑張ります。

小太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
「皇帝ダリア」がこんなに大きくなることを
知りませんでしたよ。
花音痴にも困ったものですね(笑)。

たなちゃんへ

今年は未だに10月桜が咲き続けてますよ。
ただ小さいですが・・・。

「センダンの木」ですか ありがとうございます。
いつも通る散歩道なのに葉が繁ってるときは
何も感じませんでした。
また一つもの知りになったような気がします(笑)。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
何か勘違いしてるか今年は未だに10月桜が
咲き続けてますよ。

「皇帝ダリア」がこんなに大きく美しい花とは
知りませんでしたよ。
だから皇帝の名が付いてるのですね(笑)。
花音痴にも困ったものです。

高く伸びた茎からの枝先、目線の上に品位に満ちた花弁、だから「皇帝ダリア」と称するのか?。寒冷地に起居するため、当地方では任期満了して黒緑に枯れております。しかし、寒桜も爽やかで青空に映えて美しく、「あずま屋」の縁台で、一服したいであります。

身近な風物を題材にしながらも厳寒を迎えるこれからは、「心も体も」凍てる時節となります。「エボラ熱」に罹らぬよう頑張って下さい。
当方も、今からでも遅くない、「体力」を維持することが健康の礎、それは十分に承知しているものの、「コタツ」に暖をとって「ウタタネ」、猫チャンの気持ちはよくわかります。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
皇帝ダリアを実際に見るのは初めてですよ。
こんなに大きな木になるとは想像外でした。

本格的な冬の季節となり散歩するのも覚悟が必要ですよ。
猫と同じく炬燵に入り浸りでTV観賞が年相応なのかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩道の花 | トップページ | 彫刻の小径 »