« 多々良沼周辺の秋 | トップページ | 稲穂傘 »

2014年9月22日 (月)

お墓参り

御先祖のお墓参り行った菩提寺では今が見頃の彼岸花のお出迎えだ

それではと先ず パチリ

1

2

3

4

(9月19日撮影)

« 多々良沼周辺の秋 | トップページ | 稲穂傘 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

お~ 
 彼岸花 激写! 

 目利きの林太郎さん
  彼岸花の美人を見つけ

  ”こっち 目線ちょうだいぃ~ は~い いいねぇ~”
 
  って感じですね! 
 素敵な写真を撮られましたね 
 
 また 床の間に額入りの作品ができましたね^^)/


林太郎さん
おはようございます
この時期は何処にでも彼岸花が咲いてますね
この花の見頃は短くて2日くらいが一番ですね
もう既に北の方では紅葉の情報があります
戦場ヶ原の小田代も色づき始めたそうです。

おはようございます
 「先祖様・葉見ず花見ずに・何思う」
  旧秋元別邸の土手に・花ショウブの畔にも
多くわありませんが・・・咲きました。
   

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
ハイハイ 美人は見逃さないですよ
何処も彼岸花のオンパレードのようですよ。
名前のとおりお彼岸をよく知ってると言うことですね(納得 笑)。
お墓参りの前に彼岸花撮影では御先祖さんも飽きれてるかも・・・。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
この時期はどなたのブログも彼岸花で一杯ですよ。
そうなのですか 「見頃は2日間」知りませんでした。
だから何時も撮影のタイミングが遅くなっちゃうのだ(納得)。
来年は時期を見計らって良い時に撮りたいものです。

圭介さんへ

こんにちは ありがとうございます。
「先祖様・葉見ず花見ずに・何思う」
上手いこと言いますね
昨日旧秋元別邸の土手で彼岸花の美人に
逢ってきましたよ(笑)。

お墓参りに楽しみプラスですね。
きれいだなぁ、腕がますます上がってますね♪

林太郎さん、おはようございます^^
そういえば、御地には彼岸花が咲く地域がありましたよね?
秋元家別邸・・・でしたっけ?
そこでは白い彼岸花が咲いていたような?
今年はまだ白いのは見たことがないので、見たい気もしますが
でも、彼岸花は真っ赤っかがいいですね♪
お墓参りに行って彼岸花撮影とは、、、チョット羨ましい☆

小太郎さんへ

こんにちは
 
エッヘェヘ 本当は楽しみのついでにお墓参りかも(笑)。
腕が上がったなんて誉められるとその気になりますよ。
でも 嬉しいですありがとうございます。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
ハイハイ 旧秋元別邸も今が盛りと咲き誇ってますよ。
白もありますが彼岸花はやっぱり鮮やかな赤ですよ。
ただ今年は花の隙間が多いみたい・・・気のせいかなー。

常楽寺が見頃を迎えてますよ。
行かれたかな?

24日、「ニギリ飯」と共に足利・名草巨石群の見学にしゃれこんだ。 
「耕して天に昇る」、とまではいかないが、山合いの川筋、収穫を終えた薄茶の田圃脇にスーと伸びる彼岸花は、「掃き溜の中の鶴」が如く、他を圧し際だって目立っていた。見惚れる美しさに「毒」の存在を忘れがちなのだ。
田圃脇に繁茂する鮮やかな彼岸花の根っこには、稲穂を狙う野生動物の駆除目的もあるとも・・・・、昔に聞いた話。美しさを単純に、ただ愛でればよいのに、つまらんことを思い出しもした。
それと、巨石群、「百聞は一見にしかず」期待が大きすぎた。それにしても「弁慶が大岩の上に仁王立ちになって、エィ!と錫杖を打ち下ろした。」大岩が真ん中から真っ二つに割れた。と書いてある、のも不思議???。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
近いのに未だに名草の巨石群には行ったことありません。
そうですか彼岸花が景観を補っているのですね。
来年は予定しておきますよ(鬼が笑うかも・・・)。

彼岸花の根っこには稲穂を狙う野生動物の駆除目的が
あるとは知りませんでしたよ。
勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多々良沼周辺の秋 | トップページ | 稲穂傘 »