« 館林手筒花火 つづき② | トップページ | あばれ神輿 »

2014年8月 6日 (水)

館林手筒花火 (終)

炎の祭典も佳境となり見事な放揚

21

シャッタースピードを変えたら・・・・・

23

これぞ男の心意気(火の粉との我慢比べだ)

22

火の粉の簾の奥にイケメンが

24

見せ場のハネの瞬間

25

噴煙は最大20mの火柱となる

26

館林煙硝会有志の豪華なフィナーレ 15筒

27

(7月26日撮影)

拙たない手筒花火を最後まで見て頂きありがとうございました。

« 館林手筒花火 つづき② | トップページ | あばれ神輿 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
シャッタースピードを変えたら・・・
 星空に見えますね!
 「流星と・満点の星・夏の夜」
オレンジ色の光がなんともいえませんね!

天空へ舞い上がる火の粉、星に同化しているのか。作品3の花火師の構えは歌舞伎の見せ場、啖呵をきるポーズに類似している。作品4は全身に火の粉を被りながらの姿勢は微動打もしない、まさに男冥利の大一番であります。拍手・拍手の音を届けられないのが残念。
それにしましても、群馬・館林は5日間、全国一の最高気温の記録(NHK の報道であります。)を達成、北は北海道から南は沖縄諸島まで伝播した。同じ県民として良否は別にして、沖縄を凌駕した。
おめでたいことであります。

林太郎さん
こんにちは
館林の手筒花火迫力がありますね
何れの写真も素晴らしく良く撮られておりますよ
火の粉を浴びながらの花火師さんの姿が絵になりますね
そして最後に筒の底が抜けるハネの瞬間も見事ですね。

林太郎さん、こんばんは^^
見れば見るほど圧巻☆
手筒師の心意気を感じますよね^^
あの降り注ぐ火の粉をものともせずに、格好良い姿が見事☆
拍手喝采だったことでしょう♪
いつの日か、自分の目でもシッカリと見てみたいものです!!!
お疲れ様でしたm(_ _)m

火のシャワーを越えて
火の滝ですねぇ。
まさにナイアガラ、圧巻です!

連載楽しめましたよ
 ご苦労様でした 
 SS アングル もいろいろ考え 工夫しながら
 撮られていますね
 迫力のあるいい写真がいっぱいですね!
 5枚目なんか左側にはジャストミートの跳ねが見事にいい感じに入っていますね。 
 これは 全紙でも4つ切りでも焼いてもらって
 応接間にいいじゃないですか! 

 私も
  来年はこの 手づつ3本の1本跳ね入りを狙ってみたいです。

圭介さんへ

こんにちは ありがとうございます。
毎年見てるけど今年が一番落ち着いて
見られたかなー。
もっとも昨年は雷雨で中止だったので
懐かしくもありましたよ(笑)。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
暗い中での火焔の明るさにどちらに焦点を合わせるのか
カメラが戸惑って氏子の顔が撮れませんでしたよ。
花火に限らず夜の撮影は難しいですね。

暑さには慣れてる当地住民でもここのところの猛暑には
お手上げです。
もう日本一でなくとも良いですよ(笑・笑・笑)。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
降り注ぐ火の粉に焦点を合わせたら氏子の顔が
ボケちゃいました。
来年また挑戦します。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
圧巻な焔の祭典なので一度は見学するのもいいかも・・・。
ただ理彩也さんところからは遠いし夜なので私の拙たない
画像で諦めてください。
来年までにもっと勉強しておきますよ(笑)。

小太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
まさに圧巻の焔の祭典ですよ。
も少し若ければあの火の粉の中に
立ちたいくらいです。
火焔と戦う男意気を感じる瞬間ですね。

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
構図はともかくも人物がブレていたり顔が
暗かったり・・・
来年はこのへんに注意して再挑戦ですよ。
はやく来年にならないかなー・・・・(笑笑笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 館林手筒花火 つづき② | トップページ | あばれ神輿 »