« 高校生の朝練習 | トップページ | 館林手筒花火 つづき② »

2014年7月30日 (水)

館林手筒花火 ①

第15回館林手筒花火大会が、市制施行60周年を記念して一際盛大に開催された。

火薬入りの竹筒を人が抱えてあげる手筒花火は迫力満点だ。

昨年は突然の雷雨による中止となったため今年は観客もカメラマンも多く過去最高だ。

会場準備

1

入念なリハーサル

2

周囲に水を撒き災害防止

3

手筒花火ショー開始

5

先ずは1人で

6

次は2人で

4_2

そして3人

7

(7月26日撮影)

手筒花火ショーを3部作とするので次回をお楽しみに・・・。

« 高校生の朝練習 | トップページ | 館林手筒花火 つづき② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

わぁ、ほんと迫力満点ですねぇ。
これは、場所取りもたいへんなのでしょうね。
来年は行ってみたいですよ。

お~ もう出ましたか
 いい写真撮っていますね

 特に4枚目 
 ぐっと腰を落とした緊張の時のポージング
 SSも程よく火の粉の長さもいいですね
 いい絵が 撮りましたね
 最高ですよぉ~ 
 
 えっつ
 手筒花火ショーを3部作
 これよりも素晴らしのが 出るっていうことですね 
 それはそれは たのしみです ^^)/

林太郎さん
おはようございます
館林の手筒花火を何時か何時かと待ってましたが素晴らしい写真が撮れましたね
今回だけでも素晴らしいものがあるのまだまだ続くんですねそれはそれは楽しみですね。

おお~ 火の粉の雨が~♪
手筒花火は、勇壮で迫力ある花火しかアップされないことが多いけれど
こうして準備を怠らず、、、用意万端、整えて開催されているのですね!!!
そのお陰で多くのカメラマンが、バッチリと o[◎]o-) バシャッ☆
今年は昨年の分まで多かったのでは?
きっと、素晴らしい被写体だけにカメラの行列だったかもね^^
その中の一人が林太郎さん♪
暑い中、早い時間からお疲れ様m(_ _)m
お陰様で家に居ながらにして、この迫力満点の花火を見られます^^
次回も期待していまーす♪ (^^)v

小太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
そうなんですよ 花見の場所取りではないけれど苦労しますよ。
三脚が大股広げるので(笑)・・・・。
pm3時で既に三脚が隙間なく並んでるので割り込みですよ。
ただその後の猛暑の中の過ごし方が問題??なのですよ(笑)。

keiさんへ

こんにちは ありがとうございます。
只今暑気払いから千鳥足で無事帰宅しました。
これで猛暑の夏もなんとか持ちこたえられそうですよ(笑)。

「最高~」とのお言葉真に受けますよ・・・ありがとうございます。
3部作?実はどれが良いのか選べないのでとりあえず全部UP
すると言うことです。
修正とか面倒なことは省いて撮った枚数をUPするだけです。
デジ一初心者には花火撮りは難しいですよ(でもその内に・・・)。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
なんとか自分なりには撮れたと思ってるのですが・・・。
夜の撮影の難しさを改めて痛感いたしました。
経験がものを言うのかそれなりに努力したいと思ってます。

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
そう 昨年中止の分だけ観客もカメラマンも多かったのかも・・・。
暗闇の中でSSとか絞りを弄っていたら知らぬ間にPモードに
なっていたり・・・ど素人ですね(笑)。
でも自己称賛の画像も1~2枚はあるので乞期待ですね(笑)。

日本の風土が育んだ「花火」は越後・長岡からの移入なのか?。この花火は炎暑の日中での催事だったのでしょうか。
花火は「夜」ときまっているのに・・・。しかし、身を火の粉にさらし、己の危険を顧みずに見物人に奉仕する。威勢ある勇気、それが仕事とはいえ、その心意義に感動せずにはいられない。
勢きおいよくほとばしる火炎は迫力満点であります。微動だせずに噴射筒を中腰にして構える気力、最初の花火師はチョンマゲ(かつら)、歴史ある伝統を継承してもいる。
理屈ではなく、迫力ある作品は満点の星空を仰ぐほどでありました。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
打ち上げ開始はpm7:30からですが場所取りのため
15:00出勤ですよ(笑)。
それでも三脚を立てる場所がなく割り込みでなんとか
場所が確保出来ました。
それから開始までの間は暑さと退屈との戦いです(笑)。
でもこの感動には変えられないので来年も・・・ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校生の朝練習 | トップページ | 館林手筒花火 つづき② »