« 石畑の棚田 | トップページ | 二宮尊徳 »

2014年5月15日 (木)

里山の田植え

石畑の棚田に向かう途中にある木須川の洞門(長さ47m 幅15m 高さ6m)

木須川の蛇行部をカットする形で掘削された河川のトンネル

1

山あいの比較的平地では田植えの最盛期だ

2

中高年の頑張りどころ

3

一仕事終わっての談笑タイム

4

馬門の滝(高さ7.6m 幅27.3メートル)

5

ここから魚が遡れなかったことから「魚止めの滝」とも言われる

6

(5月3日撮影)

« 石畑の棚田 | トップページ | 二宮尊徳 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
こんにちは

始めてにしてはいろんな所見つけましたね、驚きですよ
里山の田植えの光景、木須川のトンネル、馬門の滝、魚留めの滝など全て網羅されておりますよ

秋の彼岸になると城山では彼岸花が咲き乱れ、鎌倉山の雲海など見どころがいっぱいあります。

田植えの様子、バッチリ押さえていますね♪
人が入って絵がイキイキしています。
自分も狙ってみたいですよ。

風太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
諸々の事情で月に一度位の遠出なので
あちこちと廻ってきます。
秋の刈り入れ時にでも鎌倉山に行ければ
いいなー。

小太郎さんへ

こんにちは ありがとうございます。
農作業する人のほとんどが中高年者で
若者は見かけませんでした。
後継者の育成が他人事ながら心配です。

林太郎さん
いよいよ田植えの時期になって大忙しですね^^
棚田はナイスロケーションですから、やっぱり撮りたくなります♪
でも、実際にはなかなか出かけられないのだけれど。。。
一枚目の掘削された河川のトンネルもナイスショット★
これは良い被写体ですね!!!

理彩也さんへ

こんにちは ありがとうございます。
棚田の狙い目はやっぱり田植え時か刈り入れ時ですよね。
それに夜明けや月夜の映り込みなど最高なんだけど・・・・
早起きが苦手なので無理ですね(笑)。
でも何時かは・・・と希望だけは持ってますよ。

分厚い岩盤をくりぬた水路、頑丈な岩肌と萌える緑。
そして、水を張った田圃、稲苗とトラック、作業する家族のチョットした「クツロギ」、間合いでの会話。  あぁ~、なんて清々しい風情なんだろう。
一緒に作業をすることで家族の絆が、自然と深まってゆく。夕飯の「おかず」によって、「ガマンや喜び」など家族全員で味った。そんな昔が懐かしい。

マグレの木さんへ

こんにちは ありがとうございます。
このような山里での田植えは郷愁すら覚えますよ。
農作業する人たちに感謝しつつ写真撮らせてくださいと
お願いしていますます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石畑の棚田 | トップページ | 二宮尊徳 »