« 御篝神事 その② | トップページ | 早朝のパークイン »

2014年2月16日 (日)

雪の古民家(古河総合公園)

当地方では今シーズン3度目の積雪で近年希にみる大雪に戸惑っている。

雪の降りしきる中何か良い被写体に出会えないものかと古河市総合公園に出かけた。

前日からの降雪に歴史ある古民家や周囲の木々が白銀に覆われて一際美しい雪景色を見せてくれた。

旧中山家(奥の直屋) 旧飛田家(手前)

1

7

8

6

2

公園中央の管理棟からの雪景色

3

5

公園内の桃林もさすがに「桃の花」は・・・・

4

« 御篝神事 その② | トップページ | 早朝のパークイン »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
こんばんは
古河方面も今夏の雪が凄かったみたいですね
上手く雪の情景写真が撮れましたね
今年みたいな雪は珍しいですね
各地で悲惨な情報がありましすが大変な年ですよ
家の方でも苺ハウスが雪により倒壊したなんて情報がありますが雪はもう要りませんね。

わぁ、雪の古民家いいですぇ。
山茶花もとっても綺麗。
こういう場所で撮りたいな。

おはようございます
  「積もりゆく・昔を思う・山茶花に」
・・・古河の総合公園には行ったことはありません!
  

風太郎さんへ

今年最初の降雪時には珍しさもありいい写真が撮れるぞ
などと喜んだものですが(笑)・・・・。
当地の日陰では未だ残雪が残ってますよ。
明後日はまた雪になりそうですがもう断りしたいですよ。
コメントありがとうございました。

小太郎さんへ

茅葺屋根と古民家の雪景色が良いですね。
こんな風情ある風景が好きなのですよ。
でも帰路の雪道は・・・・・。
コメントありがとうございました。

圭介さんへ

来月には「桃まつり」が始まるようです。
広い敷地で結構楽しめますよ・・・・。
コメントありがとうございました。

あら~ま~ 
 こんないいところが 
 それも雪景色にいくなんて まさに絶好の撮影ポイントですね!  
 藁葺きの家に雪景色 おまけにさえる赤の山茶花 ときましたね! 
 これは いい絵になりましたね。。

 うっ! この池 いるかも! 
   行って確認したいです。
   ここは 有料ですか? 

その土地に住む人々は、限られた行動範囲の中で自然と共生した時代は過去の遺物となった。思考し進歩する人間、身近な営みを含め日々の生活は一変した現代、その結果、異常気象をもたらす地球温暖化。
その土地、その風土に適合した家屋、地域に密着し育まれた文化(庚申講や神事など)が「ウ・ス・レ」ていく。
そんな時、後期高齢者が歴史の面影に接し、郷愁を奮いたたせられたのは俺だけでないと、信じるが・・・。
作者もそんなよりどころが、心の隅っこにあることを知って(?)ホッ!!している。

追記
素直に作品を拝見して「椿の紅い花弁に止まる雪」一服の風情だなぁ~と、感動。
それでよいのに、つまらない憶測に浸かって想像してしまった。ハンセイしてます。

keiさんへ

「うっ! この池 いるかも!」・・・・ 

もしかしてカワセミそれともその他の野鳥のこと?・・。
子供のようにハシャギ回るだけでそこまでの考えには
至りませんでした(深く反省)。
ただ銀世界を眺めるだけでなくそこまでの観察力が
必要なのですね。

現在は無料ですが「花桃まつり」期間中は有料です
それに駐車場も確か有料になります。
コメントありがとうございました。


  

マグレの木さんへ

いつ訪れても茅葺屋根は我々の世代は郷愁を覚えますね。
まして白銀の世界では風情さえ感じますよ。
真っ赤な花弁が落ちて白い雪の上に咲いた様相は何とも
言えない美しさだった。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御篝神事 その② | トップページ | 早朝のパークイン »