« 雪だぬき | トップページ | 御篝神事 その② »

2014年2月11日 (火)

賀茂神社の御篝神事

御篝(みかがり)神事は毎年節分(2月3日)の夜に執り行なわれる奇祭だ。

桐生市賀茂神社の古くからの神事で戦後中断されたが昭和54年から復活した。

白装束の氏子が火のついた浄薪を持って左右に分かれ相対する氏子めがけて投げ合うのだ。

用意された古札や古神棚に火を入れ安全祈願を行う

Dsc_4049

浄薪投げする氏子も準備万端だ

Dsc_4067

氏子も見物者もカメラマンも危険が伴うが迫力あるシーンだ

Dsc_4237

燃え盛る浄薪を対峙する相手に向かって投げ合う

Dsc_4214

中央付近で相対する浄薪がぶつかり合う

Dsc_4164

浄薪をぐるぐる回して勢いをつけ豪快に放り投げる

Dsc_4205

飛んでくる浄薪と火の粉から眼が離せない

Dsc_4265

(2月3日撮影)

« 雪だぬき | トップページ | 御篝神事 その② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
こんにちは
いやっ、凄い迫力ありますね
加茂神社の御篝神事には驚きですね
投げる方も投げられる方も更には見学される方も大変ですね
珍しい神事見せて戴きまして有難うございました
来年は撮影に行きたいですね。

拍手です^^) 
 御篝神事の流れの紹介も押さえ 
 撮影のポイントも抑えて上手く撮られましたね。 
 私今まで見落としていたのがありました。 
  最初の回すところを 円にしたい 
  投げての 飛ぶ軌跡を長ぁ~く撮りたい
  に執着しておりました。 
  そのほか 一通りいろいろ撮ったつもりで 
  昨年は 消化作業も撮ったりもしました。

 で今回 途中で気がついたのですよぉ~  
  それは”薪が落ちて火花が弾けるところ” 
  後半意識的にその部分をとりました。
  林太郎さんは初めてなのに それも撮られていますね(最後の写真)
  やりますね! 
なにはともあれ  
 う~ 素晴らしいですぅ~ ^^)/ 

 

あはは 間違っちゃった! 

 ***** 正誤表 ************************
 誤 
   昨年は 消化作業も撮ったりもしました。 

 正
   昨年は 消火作業も撮ったりもしました。 
 
 **************************************** 

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン


おはようございます
  「豆まきも・ところ変われば・薪を投げ」
 災害除け・・・いただきました

風太郎さんへ

いやー 豪快な火投げなので迫力ありましたよ。
初めてだったのでどう撮ったらよいか手探りのシャッターです。
ファインダーの他にも周囲を横目で見ながらの撮影です。
うっかりしていると近くに薪が飛んできそうなので・・・・(笑)。

コメントありがとうございました。

keiさんへ

あれっ また誉められちゃいましたね 嬉しいです。

眼に映る全てが初めてなので、どこでシャッターを切ればよいのか
ただ夢中で押してましたよ。
撮った枚数が多かったので選ぶのに苦労しましたよ(どれもピンボケ
一歩手前なのに)・・・・・。
最終的には眼をつぶってアップですよ(笑)。
撮り過ぎちゃったので次回もその②をアップします。
コメントありがとうございました。

圭介さんへ

 「豆まきも・ところ変われば・薪を投げ」
これは面白い・・いただきますよ(笑)。

初めて行ったのですが迫力のある神事でしたよ。
来年も行ってみたいです 今から楽しみ・・・・。
コメントありがとうございました。

この地を治める神社での「豆まき」は知ってはいるものの、渡良瀬を越えた近在の神社で、こんなにも豪壮な祭事があったとは驚きいった次第であります。入り乱れる炎の火跡は見応えがあります。
だが、近距離で撮る側(場所取りは3時間前?)は水を含ませた帽子を被っての奮闘、危険を冒して事実を撮る。それをひとり占めにせず、この勇壮な事実を読者へ提供する。脱帽であります。
健康に留意し、危険を冒すことなく、自然とも共生する好い写真、これからも楽しみにご期待申し上げます。

毎週末になると、また「雪」が舞う、そして見渡す周囲一帯を真っ白に覆う。温暖化以前、冬の降雪はあ・た・り・ま・えでした。「ノドモト」過ぎた今、先週3回の除雪には辟易、今回も「腰を痛めぬよう頑張らなくちゃ」であります。

マグレの木さんへ

我が地でも朝から雪が降り続いているのでこれからの除雪を
考えただけで腰痛が再発しそうですよ。

blog仲間に誘われて初めて御篝神事を見たのですがその迫力に
圧倒されました。
カメラを覗くのと飛んでくる火の粉を避けるのに神経使いましたよ。
お陰で神事の全体を見る余裕がなく後日画像で神事の全体像が
分かりました(笑)。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪だぬき | トップページ | 御篝神事 その② »