« 多々良沼の昼 | トップページ | 彫刻の小径 ① »

2013年9月 1日 (日)

利根川の夕焼け

久しぶりに利根川堤を散策してみたが、今日は茜色の夕焼けが見られそうな予感がした。

利根大堰の上流で千代田町赤岩から見事な夕焼けが運が良ければ望めるはずなのだ。

此処は利根川を横切る主要地方道(県道)館林~熊谷線の橋のない公道で、対岸の熊谷市葛和田までの船着場である。

夕焼けに期待がもてる青空            暑さにも負けずに咲く花

7 8

俄かに黒雲が(17:36)

1

そして御光が・・・(17:38)

2

天使の階段・・・か(17:39)

9

雲の隙間から覗く太陽(17:54)

3

やがて見事な夕焼けに(18:05) 

4

そして地平線に(18:11)

5

釣瓶落としの如く(18:13)

6

(8月27日撮影)

« 多々良沼の昼 | トップページ | 彫刻の小径 ① »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
おはようございます、利根川の夕焼け良い所ですね、
遠方の山並みが夕陽に映えて見えますね、
この場所も長閑な場所で色んな光景が見られることでしょう。

おはようございます
 「利根の空・色あざやかに・写りだす」
・・・・・夏から秋を・・・
  秋が来るんだな~ぁ!
  雲そして光を感じさせてくれますね~ぇ!

林太郎さん、おはようございます^^
赤岩って渡船のある地域ですよね?
こんなに見事な夕焼けが見られるのですか^^
これは凄いなぁー♪
大きな雲の影から放射する光が素晴らしいです!!!
太陽が雲から顔を出すと、黄金色に煌めいて
なんと素晴らしい光景でしょうね♪
見応え満点の夕焼け・・・、写欲をそそられます^^

風太郎さんへ

此処は車で30分弱の場所ですが土手上からの眺めはいいです。
晴天ならば男体山や赤城山そして秩父連山なども見られますよ。
もしかして夕陽に映える山は浅間山かも(自信はないけど)。

????さんへ

コメントありがとうございます。
夏の雲から一転して夕焼けは秋の気配を感じますね。
今週から涼しくなるようですが大いに期待しましょう。

理彩也さんへ

「写欲をそそられます」のコメントをいただきありがとうございます。
晴天ならば男体山や赤城山そして秩父連山なども見られますよ。

我が家からは30分弱なので夕焼けを眺めるにはほど良い場所なのですよ。
ただ自然界は儘ならないので思ったような画像にならないのが残念です。
・・・・・と腕の悪さを転嫁しています(笑)。

「花火」の感想は出し遅れの證文だが、白い火柱の先には色とりどりの菊の花、そして、ススキとまがうが如きの穂が風にそよいで流れる様、瞬間に開く2~3秒の芸術を瞬時に撮る。
夜空を彩る花火、充分に堪能しましたか?。見物の人達と一緒に歓声を・・・覗き込むカメラに神経が集中して、楽しめたのは、1/5でもいい!!。
プログをみる人々に美しさを奉仕して、恩に着せない。その心掛けに、「乾杯」であります。

夕時が迫る360度に拡がる宇宙。燭光をさえぎる黒い雲海、なにか不気味な雰囲気「バイキン・マン」が地球を征服に・・・。
だが、夕日に映える川面、幼い頃を思い出す。
荒野を馬に乗った勇者の背中へ大きな声で「・・・・Comeback!!」、と叫んだ。そんな情景を思い起こすのは、決して不可解なことでない。

マグレの木さんへ

利根川堤の景観がこんなに素晴らしいことを再確認しました。
赤城山はもちろん埼玉・栃木・茨城の山々それに浅間山まで
見えるのだから・・・雄大な眺めにウットリですよ。
ただ夕焼けとしては残念な雲でした。

利根川の夕陽、すばらしいですねぇ。
なかなか、会えないですよ、こんな絶景。
自分ももう100枚以上のストックができて
きました。
いつか、一緒に写真展、やりましょ♪

追伸…
あ、白蝶草です♪

先日は楽しいひと時を過ごさせて頂いた上
 贅沢なランチまで大変はお気遣い賜り大変ありがとうござました。 

お~ いいですね
 空からの光の帯が 青空が 雲が そして夕日の絶景が
 自然の贈り物 をこのとき一斉に撮りまくりましたか
 どれも最高の写真が撮れましたね。。。 
 最後の方の赤く染まった夕日
 その下で愛を囁いた頃が懐かしく
 もうそんなチャンスはないだろうなぁ~・・・ (^m^) 

小太郎さんへ

こんな景色はいつでも見られるわけではないようです。
言うならば出会いがしらの事故みたいなものですよ(笑)。

keiさんへ

偶然の出会いって感じですが夢中でシャッターを切りましたよ。
自分なりに入賞作として保存しておきますか(笑)。

  最後の方の赤く染まった夕日
  その下で愛を囁いた頃が懐かしく
  もうそんなチャンスはないだろうなぁ~・・・ (^m^) 
心に響くコメントだ(笑笑笑)~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多々良沼の昼 | トップページ | 彫刻の小径 ① »