« 邑楽町の花火 ② | トップページ | 利根川の夕焼け »

2013年8月28日 (水)

多々良沼の昼

白鳥の居ないこの時期の多々良沼は、見るべきものは何もないが心休まる長閑な公園だ。

水量も多く静かな多々良沼

1

若者のグループが楽器を奏でている

6

沼に浮かぶ浮島弁財天

2

竹林を眺めながら一休み

3

心が癒される竹林

4

沼辺で見付けた「十文字草」・・・ですよね

5

(8月25日撮影)

« 邑楽町の花火 ② | トップページ | 利根川の夕焼け »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
こんにちは、やっと朝夕が凌ぎやすくなりましたね、
多々良沼も白鳥さんが居ないと寂しいみたいですね、
竹林の雰囲気良いですね、雨上がりなど想像してたらぞっとしますよ、
その内に白鳥さん達も林太郎さんの所へ帰って来ますよ。

白鳥がいなくても心地良い時間が流れていますね。
ゆっくり、待ちましょう。
今年は自分も伺いますね。

おはようございます
 「多々良沼・写し語るは・四季問わず」
暑い館林に・・沼はちょっぴり
心に涼しさを運んでくれます。
「ゆったり」した時間が過ぎゆく感じでね

林太郎さん、こんにちは^^
白鳥は居ないけれど、この風景は清々しくてナイスショットですよ♪
特に緑の中から赤が目立つ浮島弁天は素敵ですね^^
竹林もあるのですね?
これは初めて気がつきました!!!
しかし、考えてみると、8月も間もなく終わり、今年も4ヶ月しかない^^;
また、白鳥が来るのも段々と近くなっています。
早いですねー♪

風太郎さんへ

朝晩は初秋のようですが、日中はやはり真夏ですよ。
あっ 館林だけかも。
これも後2~3日の辛抱のようですが・・・・・。

小太郎さんへ

多々良沼の「夕陽の小径」や「彫刻の小径」は絶好の
散歩コースですよ。
白鳥が飛来するまで見回りしてますよ(笑)。

白鳥の時期には是非お立ち寄りくださいな。

圭介さんへ

時には静かな沼辺でのんびりとするのもいいものです。
暑さはそれほど変わりませんが心が癒されますよ。

理彩也さんへ

そう 間もなくシベリヤから飛来する恋人が待ち遠しいですよ。
それまで多々良沼が汚されないように時々見回らなくては(笑)。

多々良沼公園も大分整備されて楽しく過ごせる憩いの公園ですよ。
森林浴を兼ねて「彫刻の小径」を散策したので後日アップします。

館林美術館に
 以前から見てみたかった薮内佐斗司氏の作品を見に行ってきました。
 特に”桃太郎の真剣白取り”が気に入って 実物をまじかに見られて
 とても満足でしたよ  ^^)v

 その帰りに(お盆)久々に多々良沼に行ってきましたが
 さすがにいつものカメラマン姿はありませんでした。。
  
2 4 5番といい構図で撮っておられますね 
    Very Good ^^)/

間違いました m(_ _)m

誤⇒ 桃太郎の真剣白取り
 正⇒ 桃太郎白刃取り

林太郎さん、こんにちは^^
理彩也も随分前に「彫刻の小径」を散策したことがあります。
でも、今は殆ど忘れちゃって居るかもなぁー? (^^;
その時のことを思い出すためにも
林太郎さんの撮った彫刻像を楽しみにしていますね!!!
ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク

雑居房からの帰還となりました。
処暑も過ぎ、朝夕の風は一段と涼味を感じるこの頃です。
やっぱり、自然のたたずまいはGoodです。
湖面に糸を垂らし渡る微風にまかせて獲物を待つ、「時の流れに身をまかせる。」ぴったりの一枚目の写真。
そして、四・五枚目も緑が一杯の静謐な竹林、なんとも心が和み癒される。
だが、山間でボール遊びに時を費やし、忸怩たる思いに身をやくよりは、握り飯とペット・ボトルを持参して、自然の中に溶け込む、こんな有意義な過ごし方のがいいなぁ~、と想うのがいいなぁ~。

keiさんへ

館林美術館に来たのですか同じ日でしたら会えたかも・・・。
念願の作品に触れられて至福の時を過ごしたのですね。
何と羨ましいことか そんな幸せに巡り合いたものです。


理彩也さんへ

あらら 既に「彫刻の小径」は散策済みですか。
遠方の方が地元民より先に歩くのは違反ですよ(笑)。

松林の中では日向と日陰の調整が難しいですね。
初心者なりの画像を近いうちにアップします。

マグレの木さんへ

傾斜地での玉ころがしよりもカメラ片手に竹林の中をさ迷いつつの
森林浴の方がよさそうですね。
これから心を改めて穏やかな明日のあることを期待します。

林太郎さんおはようございます。
私は真冬の多々良沼しか見ていませんが、真夏の多々良沼もよいですね。
初めて拝見しました。

林太郎さんおはようございます。
私は真冬の多々良沼は良く知っていますが、真夏の沼は初めて拝見します。
よいものですね。特に竹林の風景画よいですね。すがすがさを感じてきます。
二枚目の音楽を楽しむ人たちがよいですね。絵になりますよ。
この多々良沼は夏でも冬と同じくらいの水量なんですか。
少しするとまた多くの白鳥がやってきますね。

kenさんへ

真夏の多々良沼は白鳥の時期とは違ってそれなりの沼ですよ。
この時期の水量は冬より多く浮島弁財天の周囲でも沼底は殆ど
見えないですよ。
今は付近の散歩人と高齢者の憩いの場となってますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 邑楽町の花火 ② | トップページ | 利根川の夕焼け »