« チャツボミゴケ その① | トップページ | チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 »

2013年7月19日 (金)

チャツボミゴケ その② 穴地獄

チャツボミゴケの群生している穴地獄には、PH2.8の強酸性の鉱泉が湧出しています。

かってこの地には鉄鉱石でできた底が見えないほどの深い穴があり、その中へ山の動物が落ちて死んだことから「穴地獄」と呼ばれました。(公園資料)

チャツボミゴケの群生地「穴地獄」

11

穴地獄の周囲には遊歩道がある

12

13

シャッター優先で設定を変えてみた(画像のクリックで拡大できる)

① SS  1/4000   F 5.6           ② SS  1/80   F 14 

24  25

③ SS  1/2.5  F 32 

26

いろんな方角からチャツボミゴケが望める

17

18

(7月14日撮影) 

« チャツボミゴケ その① | トップページ | チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、
こんにちは、
穴地獄恐ろしい所ですね、よろけて落ちたらあの世行きですね、
それにしても迫力がありますね、色々シャツター速度を変えたりして見せて戴きまして参考になりました、
続きも見せて下さい。

おはようございます
ほんと!!いい感じのところですね!
  伝わってきます
深い深い穴が有るのですか!!!
絶景に見とれていると・・・・・危ないところもあるんですね。
  「美しい・チャツボゴケに・映し出す」

林太郎さん、おはようございます^^
穴地獄とは恐ろしや・・・ 
人間が落ちないように柵とかはないのかな?
それにしても、壮観~☆
緑の苔が飛沫で濡れていたら、益々鮮やかな緑になりますね^^
滝のマイナスイオンを浴びて元気が出そう~ (^^)v

林太郎さんおはようございます。

チャツモミゴケの撮影に行ってきたのですね。
この時期ですとツツジはもう咲いていなかったでしょうね。
川の流れをシャッター速度を変化させえて撮っていますね。
コケも美しい草色を出していますね。
とても川の流れを上手く演出させていますね。
良い写真がいっぱいありますね。

風太郎さんへ

シャッター速度を変えたのは一眼デジを使い始めて未だ3カ月なので
いろいろ試し撮りしてるんです。
それまでコンデジ専門だったので試行錯誤しながらの撮影ですよ。

よろけて落ちたらあの世行き・・・・・とは恐ろしいですね(笑)。
遊歩道がありますから安心です・・・私の年だと心配ですが(笑)。

圭介さんへ

私のような高齢者がヨロケルと沢に落ちるかも・・・・。
でもその心配はありませんよ 遊歩道が整備されてるし
沢の淵を歩くのですから。

理彩也さんへ

穴地獄の穴は昔の話で今は何処にあるのやら・・・・・。
ただそんな雰囲気のある水辺を一周すると涼しくなりますよ(笑)。

そう言えば苔には飛沫が見えませんね 気が付きませんでした。
清流を被ったチャツボミゴケならさらに見応えあったかも・・・・。
なるほどベテランはさすが視点が違うなー(勉強になります)。

kenさんへ

kenさんのblogを拝見して行ってみたいと思いつつグズグズしてたので
今になってしまいました。
もう既にレンゲツツジも終わり周囲には緑の木々が生茂ってました。
一眼デジ初心者なのでいろいろ試し撮りしたのですが、流れが白過ぎ
たりして上手く撮れませんのでした・・・現在勉強中です。

この後野反湖まで足を延ばし帰りには「かやぶきの郷」に立ち寄り
十割蕎麦を試食してきましたよ。

いろいろシャッタースピードを変えて♪
楽しんでますね~
NDフィルターが欲しくなっちゃうシーンですね。
スローシャッターが好きですよ。

小太郎さんへ

まだまだ楽しむまでいきませんよ。
ただ夢中でシャッター押してるだけです。

でも少しずつこんな時はどう撮ったらよいか
わかってきたような気がします。

この「苔」の生命力には、『じぇ!じぇ!』
湧出する超酸性の液体、湧水と混ぜあえば溶液は薄くなって、苔以外の植物も繁茂しても不思議でない。それが「苔」のみ、他はむき出しの岩肌、おして知るべし。
当然、その酸性水に触れたことだと想像しますが、身体の表面に異常な変化(例えば、皮膚がタダレたとか?)を視認したのではないでしょうか。
それにしましても大変な川があったものです。びっくりです。

マグレの木さんへ

元来餅肌の私には影響ありませんでした(笑)。
逆にスベスベ肌になりましたよ(嘘で~す)。
本当は水に触れる勇気がなかったのですよ・・・・・。

見た目には綺麗な水なのに酸性水とは驚きです。
自然界には不思議なことが多いですね。

えっ 穴地獄 
 なにやら 怖そうでうが 
 あらら 今は何処へやらでしたか。。 

 設定をいろりと変えながら撮ってはモニターで確認し 
 またちょと変えて

  ”うん いいものが撮れそうな予感”

 やったぁ~ 狙い通りのものが
 さらに予期してない上出来なのが撮れちゃたぁ~
 なんて 一人で喜んで 
 結構楽しんで来られたのでしょうね! 
 
 ま~それにしても この苔生した様が
 自然のキャンパスの様で絵になっていますね。。
 これは いつかは 行かなくてはと思いながら
 拝見させて頂きました。。。 

keiさんへ

コメントありがとうございます。
私の心理をスッカリ読まれちゃった感じですよ(アッハハ)。

早朝の朝陽などがあったら最高でしょうが入園時間が
9:00~16:00なので無理ですね。
それでも撮影ロケーションにはこと欠かないので一度訪れて
楽しんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャツボミゴケ その① | トップページ | チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 »