« チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 | トップページ | かやぶきの郷 »

2013年7月27日 (土)

ノゾリキスゲ(野反湖)

チャツボミゴケ公園から約50分程の野反湖のノゾリキスゲ(ニッコウキスゲ)が見頃とのことなので足を延ばした。

休日だったのでハイカーを含め見学者が多く駐車場は満車状態で路上で順番待ちだ。

山頂より望む野反湖

1

ここまで来た甲斐があったなー

2

おっと もう散るの?(そうか一日花だったな)

3

これって「あやめ」かなー?

4

5

私も今が適齢期よ(何の花?)

6

ノゾリキスゲに囲まれて・・・仲間に入りたい 

8

7

(7月14日撮影)

« チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 | トップページ | かやぶきの郷 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん
おはようございます
野尻湖へは以前行ったことありました、こんなには花が咲いてなかったような、
見事にニッコウキスゲが咲いてますね、此処まで行くのが細道をくねくねと大変でしたね、
苦労して行った見返りがありましたね、昨夜は手筒花火行われたのですか?。

「ヘェ~!!」日光キスゲの花の命は24時間・・・まったく知りませんでした。
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」こんな詩、あったっけ?。
日光の霧降高原は鹿の食材として荒らされ、ネットで周囲を囲んで保護したという。今年はどうなんだろう。
自然と共に生きる動物は人口的に変化する温度(地球温暖化)で、人間の住む生活圏へ食材を求めに出没する。動植物と調和した共生は「む・ず・か・しぃ~」のかなぁ~。

林太郎さん、おはようございます^^
野反湖は写真クラブに入ってから最初の撮影会で行きましたが
雨に降られ、キスゲもまばら・・・
良い思い出には繋がりませんでしたが、林太郎さんのお写真はステキ☆
文句なくナイスショットですね^^
そうそう、理彩也が行った時も、あやめの花?が咲いていましたよ♪
ちょっと意外だなぁーと思って見てきました。
魅惑的な苔を撮って、華やかなキスゲもGet☆彡
素晴らしい撮影を楽しまれて良かったですね♪

風太郎さんへ

ノゾリキスゲが丁度見頃・撮り頃だったようで行った甲斐がありました。

昨日は15時頃から猛烈な雷雨に襲われて40~50分で収まりその後
青空も見えたので安心して出かけたのですが・・・・。
16時頃から撮影場所を確保して待機してたのですが、18時頃から再び
雷と雨が降り出したので洋傘を手に合羽を纏って1時間程待機してたの
ですが結局悪天候による中止となりました。

大勢のカメラマンは身体は濡れても器材は完全保護してましたよ(笑)。
もちろん私も・・・・ですが  来年に期待です。

マグレの木さんへ

なかなか動植物との共生は難しいようですね。
尾瀬でもかなり被害があったようですよ。

近い将来に「花の命は短かくて・・・・」だけでなく、
「高齢者の先も短かくて・・・・」にならなければと
願うばかりです(笑)。

理彩也さんへ

そう言えば野反湖は常に霧が出るか雨が降るかそんな気象条件の
ようですね。
天候はその日により運任せですが今回はまずまずの天気でしたよ。
花と湖の雄大な景色を眺められ野反湖まで行った甲斐がありました。

わぁ、良く咲いていますね。
今年は当たり年だったかな。
もう数年通っていたのに
今年は行けませんでした。
残念(^^ゞ

おはようございます
 小さな「ゆり」にみえますね、
 黄色い黄色いの中に紫色・・
 綺麗ですね・・・
  

林太郎さん、おはようございます^^
昨日は手筒花火があったでしょ?
開催されたのですか?
いつもの友達が旅行中だったけれど
兄が一緒に行ってくれるというので、初めて参加しようと思っていたのですが。。。
出かける時間から雨とカミナリで断念しちゃいました^^;
撮れなくても見るだけでも良かったのですが、行けなくて残念!!!
開催されたなら、林太郎さんのお写真を楽しみにしていますよ♪

小太郎さんへ

毎年小太郎さんのノゾリキスゲを見て何時か行きたいと思っていたところ、
今年はチャツボミゴケ後のチャンスがあったのです。
それなりに咲いてたのでラーキーと言えるのかも・・・。

圭介さんへ

旧六合村に行ったついでに野反湖まで足を延ばしちゃいましたよ。
お陰でこんなに綺麗なノゾリキスゲが見られました。
若いハイカーにも会えたことだしその甲斐がありました。

理彩也さんへ

いえいえ 残念どころか館林出張を中止して正解でしたよ。
理彩也さんを断念させた雷さんは美女には優しいのですね(笑)。
「写真は撮れずびしょ濡れ」まさに泣きっ面に蜂でしたよ。

当日は15時頃から猛烈な雷雨に襲われたのですが40~50分で
収まりその後は 青空も見えたので安心して出かけたのですが・・・・。
16時頃から場所を確保して待機してたのですが、18時頃から再び
雷雨に見舞われたので洋傘を手に合羽を纏って手筒花火の開始を
期待したのですが悪天候により中止となりました。

大勢のカメラマンは身体は濡れても器材は完全保護してましたよ(笑)。
もちろん私も・・・・ですが  来年に期待です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流 | トップページ | かやぶきの郷 »