« チャツボミゴケ その② 穴地獄 | トップページ | ノゾリキスゲ(野反湖) »

2013年7月23日 (火)

チャツボミゴケ その③ 神秘的な清流

今回の「チャツボミゴケ」その③が最終回となりますが、同じような画像ですがそれだけ感動が大きかったということで笑ってください。

緑の苔に覆われた清流の遊歩道を一周しながら

21

22

23

16

27

28

29

(7月14日撮影)

拙たない「チャツボミゴケ」を3回に亘りご覧いただきありがとうございました。

« チャツボミゴケ その② 穴地獄 | トップページ | ノゾリキスゲ(野反湖) »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ラストの1枚が、また良いですね。
三脚、重かったでしょうねぇ。
部屋に飾っておきたい1枚です。

三篇構成の大作となりましたね 
 それだけ感動したとの事でしたか。。
 ますます私も行ってみたくなりましたぁ~^^) 
 確かにここ独特の風情がありますね 
 これだけのところをどういう風に料理をするか
 拝見していて わくわくしてきますね
 大変興味深々で3部作見入って入ってしまいました。。
 
 朝早く行って午前中じっくり撮って
 そうそう 林太郎さんの撮った中に 木の橋がありましたね
 ここも いい撮影ポイントになりそうですね。。
 適当な時間にお昼食べて
 それから 1時間の昼寝をして それから反省 
 そして 反省を生かしもう一度まわって撮り歩き 
 暗くなる前に帰途 
 私は こんな感じでいこうかと ^¥^)

おはようございます
いい感じ出てますね!
  小川の流れ・・コケ・・・春夏秋冬 
「澄んでます・すがすがしくて・おちつくね」
 

林太郎さん、おはようございます^^
ここは本当にナイスロケーションですね♪
行ってみたくて、あれこれググってみましたが
調べれば調べるほどに写欲をそそりました^^
なんとか行くチャンスを作らねば。。。 (笑)
いろんな角度からの撮影も、それぞれに素晴らしいけれど
奥行き感のある最後のお写真がナイスショット☆彡

小太郎さんへ

そうなんです ただ遊歩道を歩くだけでも汗かくのに高齢者には
三脚が重くのしかかりましたよ。
使用中はよいけど外して手持ちの時は重くて邪魔になりますよ。
でも撮影中はそんなこと感じないから不思議ですね(笑)。

keiさんへ

田舎者の私には滅多に見られない光景に大いに感動したものです。
それで多撮影になってしまったのですが、11時頃には野反湖に立ってた
のだから1時間そこそこの時間なのにkeiさんの計画には恐れ入りました。
「じっくり撮って反省してまた撮る」なるほどこうでなければカメラマンとは
言えないのですね。
それも早朝から暗くなるまで・・・・今後見習わなくては。

何はともかく見応え撮り応えのあるチャツボミゴケですよ。

圭介さんへ

館林からだと少し遠いけど見応え
撮り応えのある場所ですよ。
機会があつたら紅葉の時期にでも
再度訪れたいですね。

理彩也さんへ  

ナイスショットとのコメントありがとうございます。
普段見ることの出来ない光景に感動し過ぎて多撮影となり
整理に困まちゃいましたよ(笑)。

前にも言いましたが見応え撮り応えのあるところです。
チャンスがあれば紅葉時期にでも再度訪れたいものです。

林太郎さん
おはようございます
チャツボミゴケ有難うございました、
素晴らしい所なので紅葉の時期にでも行かせて戴きます、
旧六合村の秋撮影は予定してたのでその時にでも行ってみます。

風太郎さんへ

チャツボミゴケ公園は四季折々の風情が楽しめるようです。
秋の紅葉時にはチャツボミゴケが一層映えるかも・・・・。

館林からでも遠いと思ったのに御地から群馬六合村まで
遠征するのですか。
その積極的な行動力と熱意を見習わなくては・・・・・。

おはようございます
いつもコメントありがとうございます
みごとな清流ですね
見てたら涼しくなってきました
苔の美しさが伝わってきます
これは三脚使って撮られたのでしょうか

読み終わった文章のつぎの写真、仙境幽界、未知の世界ではないのか?。
薄茶色の顔立ちの眼が、ながぁ~く伸びた白髪をとおしてカメラを見つめている様である。真っ白な落水は数世紀も生きる老婆を推測もする。
苔の真っ青のこと、茶褐色の岩肌、ここの世界は異次元、そんな感慨を知ったシリーズでした。
なんとも不思議な経験をさせてもらいました。

たなちゃんへ

水辺なので涼しくてもよいはずなのにそれが意外と暑いのですよ。
最初三脚を使用してたのですが重くて持ち歩くのが大変なので
見える場所に置き去りにして手持ち撮影です。
でもスローシャッターでは手ぶれが激しいですね(当然か)。

マグレの木さんへ

「苔の真っ青のこと、茶褐色の岩肌、ここの世界は異次元」
そんな言葉が当てはまるような感覚ですよ。

チャツボゴケ周辺の芳の平湿原・大池・小池・平兵衛池などと
ラムラール条約に登録申請するとか・・・・。
先日そんな記事が新聞に載ってました 今後が楽しみです。、

林太郎さんおはようございます。
チャツボミゴケを拝見いたしました。
私も今年行きましたので、懐かしく拝見いたしました。

やはり一度は行ったほうがよいですね。
写真も狙え方が良いですね。
今日館林の筒花火撮影は雨が予想されますので中止しました。
少し残念です。

kenさんへ

大気が不安定なのでどうしようか迷ってましたが地元なので
雨具を用意して出かけます。
結果はどうなるかお楽しみ・・・・・です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャツボミゴケ その② 穴地獄 | トップページ | ノゾリキスゲ(野反湖) »