« 多々良沼の夕暮れ | トップページ | 多々良沼情景 »

2013年2月 8日 (金)

雷電神社の蝋梅

気温の変化にもめげずに板倉町雷電神社の蝋梅が見頃だ。

館林七福神の一社 雷電神社(福禄寿) 

2

1

蝋梅も 気温の変化に 狼狽し・・・・NHK気象予報士 作

4

江戸時代の神社装飾建築の粋を集めた華麗な二間社権現造(資料による)

3

左甚五郎10代目の親方石原常八作(社殿の三側面)

7

ナマズは神の賜物(頭を撫ぜると地震を除けて自信が湧き出る)

5

蝋梅がより美しく見える ナマズのお陰かな????

2_2

(2月2日撮影)

« 多々良沼の夕暮れ | トップページ | 多々良沼情景 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、蝋梅の花が咲き始めるといよいよ春到来ですね。
ナマス゛迫力ありますね、ナマズに触れると何か御利益があるんですかね、
こちらの方でも梅の開花予想が宣言されました、
これからは、梅の花、桃の花、菜の花といろんな植物の花が咲き始めますね。

青空の下のロウバイが美しいです。
良い香りがしてるんでしょうねぇ。
彫り物も美しく、なまずも可愛くて
魅力いっぱいの雷電神社ですね♪

「蝋梅の・雷電神社・色かほる」
  だんだん日も、伸びてきました
 まだ寒さはありますが!
 春の訪れとともに・・・ハイポーズ!


林太郎さん、おはようございます^^
お天気が良い日のロウバイは、ひときわ黄色が映えますね♪
もう、こんなにたくさんの花が咲いていると、あの独特の甘い香りがいっぱいでしょ?
コチラまで香って来そうだもの^^ (笑)
ところで、板倉って館林市だったのですね? 〆(・・*) メモメモ・・
随分以前、コスモスを見に連れて行って頂いたけれど
何処だったか、、、サッパリ分からないまま撮影していましたよ^^; (笑)
しかし、どうしてナマズ?
あ、そういえば、おうどんを食べに入ったお店に「ナマズ天麩羅」があったような?
どういう因縁があるのでしょうね?

風太郎さんへ

確かに春の足音を感じる日もありましたがまだまだ春は遠いようです。

ナマズの頭を三回撫ぜるといろいろなご利益があるそうです。
無病息災・家内安全とか・・・全てのことに自信が湧き出ると言われてます。
参拝者が撫ぜるのでナマズの頭がテカテカに光ってるのですよ(笑)。

小太郎さんへ

蝋梅の香りが周囲に漂ってましたよ。
近付くと結構匂うのですね(知りませんでした)。
彫り物は各側面にいろいろありましたがよくわかりません。

圭介さんへ

蝋梅が咲くとこの後次々と春の花が咲き出しますね。
花音痴の私でもこれから咲きが楽しみですよ。

理彩也さんへ

蝋梅がこんなに香りを周囲に発しているとは知りませんでしたよ。
花音痴なのが再認識出来ました(笑)。

板倉町は館林の隣町で「鶴舞う形の群馬県」のくちばしのところです。
板倉とナマズとの慣れ染めや謂れは分かりませんが、もしかするとその地形に
あるのかも・・・。
群馬の水郷と言われるように利根川と渡良瀬川や谷田川の合流地点なので、
川や沼そして堀などに囲まれており昔からナマズの他うなぎや鯉など川魚の漁が
盛んだったようです。
そこでナマズは「神の賜物」として祀られ川魚料理の代表としてナマズの天婦羅が
有名になったのかも(推測です)・・・・でも美味しかったでしょう(笑)。

こんばんは
毎日寒いですね
しかし早春の花 ロウバイ満開です7ね
いいにおいするでしょう
ナマズが元気なようですね

雷電神社は遊水池へ行った時に何度か寄ったことがあります。
ロウバイの時じゃなかったけどね。
この近くを豚が道を歩いていたことがあったよ。

館林はナマズとかうなぎが有名だよね。
厚生病院の前の陸橋の下の料理屋でナマズの天ぷらを食べたような…記憶が。

たなちゃんへ

ロウバイが香りを発するとは知りませんでした。
顔を近付けると結構いい匂いがするのですね。

ナマズの頭を三度撫ぜたのでご利益を期待してます(笑)。

hokepieさんへ

板倉の川魚料理特にナマズの天婦羅は有名ですよ。
でも「豚の道歩き」は有名ではないですよ(笑笑笑)。

今日天気が良かったので梨木の氷柱から赤城山に
行ってきました。
赤城道路は凍結個所があるので途中で断念したが
後日アップします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多々良沼の夕暮れ | トップページ | 多々良沼情景 »