« 雷電神社の蝋梅 | トップページ | 梨木の氷柱 »

2013年2月11日 (月)

多々良沼情景

多々良沼の午後は「夕陽の小径」付近に白鳥が集まってくる。

その理由は、pm3:30前後の給餌時間を熟知しているのでガバ沼や弁財天付近で遊んでいた白鳥が集団で飛んで来るのだ。

集団飛行(物臭者は水上を泳いで来るが・・・)

1

仲間はずれの独り者も?

2

「あら誰か来たわ でも知らない子よ」

4

「あの子 ブレーキ掛け過ぎじゃないの・・・」

5

「あぁー恥ずかしい 場所変えようっと」

6

あちらこちらで追いかけっこや        美の競演・・・だ          

7  8

美人の奪い合いをする二人かも・・・

9_2

(1月16日撮影)

退屈しない多々良沼の午後で~す。

« 雷電神社の蝋梅 | トップページ | 梨木の氷柱 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ほんと退屈なんかしませんね。
素敵な白鳥たちの会話、
そのまんまだと思いますよ♪
楽しく、美しい情景ですね。

こんばんは、新聞の5段貫きの連載画面を連想しました。
それぞれに解説付きで良くわかりました、面白かったです。

多々良沼の白鳥たちも今月末ころから飛び立ちの練習が始まるのでしょうね。

おはようございます
「多々良沼・季節をとわず・楽しみな」

 白鳥は寒くないのかな?
  冷たくないなかな?
 元気元気な姿を伝え見せてくれますね!
 私も「元気で始まるよ~ん」

林太郎さん、こんにちは^^
うわー、いつ見ても良い風景ですよね!!!
白鳥って姿も良いし、いろんなポーズで楽しませてくれるし
逆光で撮っても、順光で撮っても絵になるのが白鳥☆彡
こんなにたくさん居たら飽きませんよね^^
めっちゃ羨ましいぃぃぃいいい (^^)
ところで、白鳥って3月頃までいましたっけ?

小太郎さんへ

見てるのは楽しいけれど白鳥たちはどうなんだろう?。
迷惑だって思っているのかも・・・・。

風太郎さんへ

画像を楽しんでいただきありがとうございます。
1~2時間沼辺に立ってるといろんな動作が見られて退屈しないですね。

白鳥たちもボツボツ北へ帰る準備に入るのかなー・・・・。 
来月中旬までにはみんな帰ってしまうので寂しくなりますよ。

圭介さんへ

多々良沼で白鳥見ながら楽しんでると言ってるが
本当は白鳥から元気を貰ってるのかも・・・・・。

お互い寒さに負けず頑張りましょう。

理彩也さんへ

1~2時間沼辺に立ってるといろんな動作が見られて退屈しないですよ。
ただ寒いのを我慢しなければならないのが辛いけど(笑)。

白鳥たちも多々良沼の生活にすっかり慣れきっちゃってるようですが
ボツボツ故郷に帰らなくてはならないと悟っているのかも・・・・・。
今月下旬頃から北帰行が始まり3月中旬までには帰ってしまいます。

林太郎さん、おはようございます^^
あのね、、、
白鳥やひな祭りのツアーがあったのだけれど、中止になっちゃった!!!
白鳥とおひな様をいっぺんに見られると思って
友達が誘ってくれたのに、、、メッチャ残念です!!! (・・,)グスン
あと少しで北へ帰っちゃうから逢いたかったのにぃ~
今は白鳥に逢いたかったら
それぞれの車で行っちゃうのでツアー参加はないのかも?
本当に残念でした。。。 (o_ _)o ガクッ

理彩也さんへ

あらら・・・「白鳥見学ツアー」は中止ですかそれは残念ですね。
白鳥は間もなく帰るかと思いますが来年も必ず飛来してくるので
又のチャンスを期待しましょう。

それでも今月一杯は多々良沼は賑わってるので、時々アップ
しますので未熟な画像を眺めてください。

寒風の最中、長時間に身をさらし(防寒は万全)ての撮影。寒さも忘れて、さぞ、見ごたえのあった観劇を堪能したことであったことと想います。
薄暮に舞い踊る陰影に満ちた踊り子。感嘆のあまり「成田や!!」なんて心で叫びをあげた。
または、ド肝を抜かれて、「茫然自失?」て、ことはないと思いますが・・・。
想像を逞しくかきたてる見ごたえある「絵」、あ・り・が・と・う!!。感謝・感謝。

多々良沼劇場の夕陽の小径の部ですね。
林太郎ディレクターの脚本通りにしてますかねぇ。
なかなか思う通りにいかないとこが面白いんだよね。
もうすぐしたら出ます。
今日はパークインに行って、午後から多々良に行ってます。
2時頃夕陽の小径かと…。

マグレの木さんへ

一人だったらとても耐えられないのですが多くのカメラマンが
カメラ構えて何かの瞬間を待ってるので・・・。
それにカメラや白鳥談義に花が咲くので退屈しませんよ(笑)。

hokepieさんへ

白鳥との意思疎通がまだまだと痛感してますよ。
(飛んでくる時も知らぬ間に近くまで来ているし
飛び立つときも突然なので・・・)

観察不足ですね もう少し時間下さい(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷電神社の蝋梅 | トップページ | 梨木の氷柱 »