« 関宿城と富士山 | トップページ | 夕暮れ時の華麗な舞 »

2013年2月24日 (日)

雛まつり

恒例の雛まつりが市内11会場(1,600体)で3月3日まで開催されている。

明治から平成までの900体が展示された旧秋元別邸では、風情ある建物で甘酒や抹茶などの有料サービスを受けながらゆっくり観賞できる。

旧秋元別邸会場(900体)

8

4

3

5

僕の雛まつり??? 

6

茂林寺会場での愛嬌たっぷりの「たぬき雛」(22体)

Photo  Photo_2

(2月22日撮影) 

市内の4会場以上回ると記念品が貰えるスタンプラリーを開催中です。

« 関宿城と富士山 | トップページ | 夕暮れ時の華麗な舞 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
 「すまし顔・皆にあえて・雛さまも」
「つるし雛・ひとつひとつに・ふきこんで」
  見に来ていただきまして…ありがとうございました。
  (お声をかけてくだされば「故郷ガイド」がお雛様、秋元さま
        ガイドします。土日にです。)   
「スタンプラリーは、甘酒がプレプレゼントとになります。
ちなみに有料(甘酒は100円、抹茶は200円)です。

 

林太郎さん、こんにちは^^
おお、おひな様がアップされましたねー♪
いつもと同じ会場で開催されている・・・とお誘いがあったのですが
昨日は乗換駅の佐野でイベントがあったので、途中下車^^;
御地の友達も呼んで遊んじゃいました♪
しかし、風がピューピューで寒くて1時間しかいられませんでした。
近々、おひな様に逢いに行かねば。。。
スタンプラリーがあるのは知りませんでした^^;
頑張ってみようかな? (笑)

圭介さんへ

お雛様に逢いに行ってきましたよ・・・・。
そう言えば玄関脇に故郷ガイドの会の案内が出てましたが
金曜日だったので勝手に見学してきました(笑)。

理彩也さんへ

昨日は風が強かったので「雛まつり」の会場めぐりをするより
途中下車したのは正解ですよ。
久しぶりの親友と楽しい一時を過せたのですから・・・・・。

当地も名物空っ風が強く外出すると飛ばされそうでしたよ。
私だけでなくて古民家の我が家もですよ(笑笑笑)。

秋元邸のひな祭り新聞の記事が出ていて行ってみようかなって思ってはいたのですが
 館林とは逆の前橋に行ってしまいました^^)

 そうそう狸のお雛様もあったのでしたね。。
 ユニークですよね。。 
  孫と一緒に行ったら 多分怖くて近づけないと思います。。

keiさんへ

22体の狸雛が歓迎してくれるので子供さんは喜ぶのでは・・・。
でも他に何もないから直ぐに飽きちゃうかもしれませんね。

もしかしたら孫を連れたお爺いちゃんお婆あちゃんが珍しがり
喜ぶだけかも(笑)。

20日に館林に行った時にここへ行こうかと思ったけど、止めました。
なぜかって?
柄じゃないしさ、完全防寒の格好だしさ。
林太郎さんに任せます~(笑)
木曜に東京へ行く予定なので今週は多々良は休みます。
今日は風がなくていい日だったね。

hokepieさんへ

今年は雛まつりより白鳥詣でに精力を使いたいと思ってます(笑)。

明日(木)は夕方一人で例の場所に行ってみます。
先日のF8は上手くいかなかったのでもう一度挑戦です。

節句、これは女性群のお祭り、古今を問わず華やかでよいものです。
「桃の日や 深草焼きの かぐや姫」一茶の句であります。
だが、茂林寺のタヌキ雛、片方は漆黒、いやはや注目度ナンバーワン!!。
さすが10万石の城下町、5代将軍綱吉公が治世した面目躍如と?、草葉の陰で「なかなか、やるわい!!」と、満足しておることでしょう。
お孫さんの得意げな顔もいいねぇ~。

こんばんは、雛祭りの飾り付け見事ですね、最近各地でこんな催事
が行われていますね。

ここに来る人たちはどんな人が集まってくるのですかね、昔を偲ぶ人
たちが集まってくるんでしょうか、子供たちもすぐに飽きて外で遊びた
いみたいです。

マグレの木さんへ

毎年同じような雛まつりの画像でで見栄えしませんね。
でも旧秋元別邸会場では有料ながら美味しい甘酒や抹茶の
サービスがありますよ。
熱燗・ビールはありませんが(笑笑笑)。

風太郎さんへ

私も興味持ってたのですが老夫婦が圧倒的に多かったですよ。
子供や孫を思い当時を懐かしんでいるようです。
現役の子連れ夫婦は自宅に飾ってあるためか少なかったです。


雛祭り、華やかで奇麗ですね。
たぬき雛も楽しいです。
ずいぶん大がかりだな~と思ったら
高崎の新町でも同じようなイベントをやっているみたいです。

私も撮りに行ってみたいですが
場違いな雰囲気を醸し出してしまうかと思って
二の足を踏んでしまいますね(笑)
来年は勇気を出して撮りに行ってみようかな…。

子どもはすぐに飽きてしまって
楽しんでいるのはご年配の方々ですか~。
やっぱり、こういう物の良さは大人になってからでないと
気づかないのかもしれませんね。

irPさんへ

最近は各地で雛まつりが催されてるようですね。
由緒ある商店や古民家などでも古雛を披露してるようです。
でも孫でも連れて行かないとちょっと躊躇したくなりますよ。
楽しむと言うより懐かしんでるのは高齢女性が多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関宿城と富士山 | トップページ | 夕暮れ時の華麗な舞 »