« 我が家の室内花 | トップページ | 利根の夕焼け »

2013年1月14日 (月)

関宿城

茨城県境町の利根川沿いで素敵な夕陽が見られるとのことなので行ってきた。

我が家から1時間余の距離と近いのでpm3:00に出発したが、夕陽を見るのには早過ぎたので千葉県側の関宿城を散策した。

関宿城は松平康元(徳川家康の異父弟)が天正18年に入城、その後諸大名が管轄した後寛文11年天守閣が破損したので江戸城富士見櫓を模して三階櫓を再現した(資料による)。

千葉県野田市関宿城

1

4

2

天守閣からの眺望 利根川の分岐点(右流が利根の本流で太平洋に 左は江戸川となり東京湾へ)

3

対岸(茨城県)から望む関宿城

11

関宿城の左後方に見える筈の富士山は絶景とか・・・・・

12

残念ながら富士山は何処かに・・・雲隠れ

13

夕陽が傾きかけた利根川土手から(茨城県境町から)

17

(1月10日撮影)

次回は夕焼けを背景にした関宿城をアツプします (乞うご期待)。

« 我が家の室内花 | トップページ | 利根の夕焼け »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ここは関宿~大利根川へ~人にかくして流す花♪
橋幸夫の潮来笠で有名なとこですね。
一度行ったことがあります…お城の中も入りました。
富士山は見えなかったけどね。
夕焼けのお城と富士山ってどんなんだろう?
期待してます。

林太郎さん、おはようございます^^
野田市にもお城があったのですね?
知らなかった^^;
周囲の風景も長閑な感じでステキです♪
富士山がカクレンボしちゃったのは残念だけれど
でも、お城からの風景も見事ですね!!!
きっと、素晴らしい夕景をGet・・・かもね?
楽しみにしていまーす♪ るんっ☆彡

hokepieさんへ

家を出るときは雲など見えなかったのに現地では遠くの山裾が
雲に覆われてましたよ。
なのでこの日は富士山を見ること出来ませんでした。
風が強かったので寒さに耐えながら日が沈むまで待ってましたよ(笑)。

理彩也さんへ

晴天だったので現地から赤城山も男体山も筑波山も綺麗に見えましたよ。
なのに富士山だけは雲の中・・・余程心がけが悪いのかなー。

それでも寒さに耐えて待つこと数10分夕陽だけはしっかり望めましたよ。
後日アップします(期待するほどでないかも・・・・・)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の室内花 | トップページ | 利根の夕焼け »