« 小江戸 川越市 | トップページ | 川越まつり rart 2 »

2012年10月29日 (月)

川越まつり 山車巡行

川越まつりの最大の特色は華麗な江戸型山車が数多く登場することである。

今年は特に市制90周年につき例年より多い29台の山車が絢爛豪華の揃い曳きとなりまさに圧巻である。

各町内の会所からスタート

1

「ソーレ」の掛け声に合わせ祭礼絵巻の始まり・・・・

2_2

晴れやかな祭り衣装のお嬢さん 「わたしたちお淑やかに・・・」

3

「・・・ジロジロ見ないでよ」

4

神妙な顔して歩こうね・・・

5

遊んでいる場合ではないよ・・・・

11

山車は台車上の二層の鉾と人形からなり、上段は迫り上がり式の伸縮構造になっている

鉾の前面には囃子舞台があり5人の囃子連と天狐やヒョットコ・オカメが交互に舞うのだ

1 2

最上部の人形は等身大でそれぞれ由緒ある人物像である

3_24

完成した山車 電線等の障害のない場所のみ迫りあげる(高さ約10m)

10

山車の本番の順行模様や「曳っかわせ」は次回にアップします。

« 小江戸 川越市 | トップページ | 川越まつり rart 2 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
川越のお祭りは何年前か見たことあります
子供たちの神妙な顔が印象的です
山車の背丈が高いですね

林太郎さん、こんにちは^^
おお、山車が見事ですねー♪
こう言う山車は我が街にも27基ほどあり、夏祭りの時は出ますよ^^
それにしても、小さい子供から老若男女、みんな楽しんでいますね♪
手古舞姿のお姉様方も、キマっていますよね、サスガだ☆
お祭りって本当に見てても、参加してても、心ワクワク~
出来れば参加した方が楽しいかな?(笑)

たなちゃんへ

山車の上部ががスルスルとせり上がるところが印象的でした。
子供たちも元気で楽しんでましたよ。

理彩也さんへ

山車の上部ががスルスルとせり上がるところが印象的でした。
鉾の中がどんな仕掛けになってるか分かりませんが、
近くで見てると結構高いですよ。

そして囃子連やヒョットコを舞う人また山車を曳く人・見る人
みんな楽しそうです。
人混みには辟易しましたが出来れば参加したい気持ちですよ(笑)。

こんばんは。
やはりきれいな女性や可愛い子供に目がいっちゃってますね~。
自分もそうだからよく分かりますよ~(笑)
曳っかわせは夜ですか?
人が多くて撮るのも大変みたいですね。

山車がいいなと思ったけど…


祭衣裳のお嬢達が最高です!

hokepieさんへ

家では見られないので外に出た時は美人探しですよ(笑)。

「曳っかわせ」は昼の部でもありますが夜の部の方が
迫力もあり見応えあるようです。
ただ混雑が激しいので場所取りもできず撮るのは至難の
技のようですよ。

小太郎さんへ

普段家では見ることが出来ないので外出すると美人は直ぐ
目に付きますよ(笑)。

まつりの山車もいいけど見物人が多過ぎて写真も撮れませんよ。
私もその一人ですが・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小江戸 川越市 | トップページ | 川越まつり rart 2 »