« 散歩道の花 | トップページ | 狐の嫁入り part 2 »

2012年10月 3日 (水)

 「みのわの里 狐の嫁入り」

「狐の嫁入り」は暗闇に正体不明の狐火が連なって見えるという伝説的な怪奇現象。

町内の国史跡・蓑輪城跡の曲輪にはキツネが棲み「狐の嫁入り」が見られたとの伝承がある。

それと昭和30年代まで残っていた伝統的な婚礼儀式を組み合わせたイベントである(9月30日朝日新聞)。

メーンの「輿入れ行列」は17時から幻想的な行列や創作劇が披露されるが、雨天決行だが台風17号の接近もあり11時からの「子ども花嫁行列」を見ることにした。

         第11回 みのわの里きつねの嫁入り(高崎市箕郷町)

先ずは行列に参加する美人狐や子狐の記念撮影

9

本物?のキツネが登場

 3

それに負けじと古狐

2

可愛い子ギツネ                     狐だって携帯電話ぐらい使えるわよ

4 5

                                 明るい現代風美人狐

6 1

子狐さん間もなく出番だよ {はい 鳴き方の練習で~す「コーン」}

7

私らはどう歩く やはり「コーン」と鳴くの・・・・・

8

時間がない ちゃんと被せてよ

10

そろそろスタート時間だよ みんな行くよ

11

(9月30日撮影)

次回は華やかな花嫁行列です。

« 散歩道の花 | トップページ | 狐の嫁入り part 2 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

狐の嫁入りのお祭りですか
みなさん
 狐になってるようです
おまわりさんも笑顔で見てるようです
コーンと鳴いてにぎやかですね

林太郎さん、こんにちは^^
そうそう、これを見に行きたかったけれど、なかなか時間がとれなくて。。。
林太郎さんは、とっても上手く人物を捉えて素敵です♪
ここは近い割に行った事がないので、一度は行きたい^^
みんな楽しそうな表情で、楽しんでいるようですね!!!

たなちゃんへ

まつりに参加した町民自身がそれぞれ楽しんでるようです。
もちろん見物人もカメラマンも皆んな楽しめるまつりですよ。
コーンと泣いた時の仕草のタイミングが合わせられません。

理彩也さんへ

理彩也さんのテリトリーに無断立ち入りしてごめんなさい(笑)。
確かに見る人も撮る人も皆んな楽しそうでしたよ。
何よりもまつりに参加している狐さんが最も楽しいのでは・・・。

可愛いキツネさんたち…

一度化かされてみたいですね♪

来年はぜひお邪魔したいです。

おはようございます。
そうそう子供の行列があるって聞いてましたけど、大人のは夜だけになったのかな。
子供の行列も可愛いですね。
昔の子供さんたちは去年も見たメンバーさんですね。
狐のお面から髭が見えてるよ…。

夜は雨だったよね…。
撮るのは大変だし、夜の部は観ないで御嶽山に寄って正解だったかも。

行ってきましたね→お帰りなさい・・
おまつりみんなで愉快に楽しんでいる様子がでています。
「嫁」もらいたいーい!!
子狐、親狐、嫁狐、・・・
「かわいい・・・子狐」「じじ、ばば・・・狐」
そして・・化かされてみたい「嫁狐…素敵です」嫁にもらいたいものです!

小太郎さんへ

町興しのために始めた行事のようですが結構楽しめましたよ。
まつりのメーンは夜の部ですが夜までいると化かされそうで・・・・(笑)。
遠いし台風の影響も心配なので正午過ぎに引き上げました。

hokepieさんへ

今年初めて地元の児童25名が参加し前日からリハーサルを繰り返す
熱の入れようだったようです。
初めてなのでどんな行列か何処を通るのか分からなかったが結構
楽しめました。

正午過ぎには切り上げて境町の御嶽山に立ち寄り彼岸花を撮影したが
中年夫婦が1組だけの寂しい自然の森公園でした。
途中でポツリポツリと降り出したが箕郷町を早めに切り上げて正解でした。

圭介さんへ

少し遠いけど楽しいお「まつり」でしたよ。
それに子狐・古狐・は別にして女狐はみんな美しいキツネでしたよ。
こんな女狐なら化かされてみたいものです????。

笑顔のお巡りさんもキツネに化けて交通整理をすれば、もっと人気の計測値がグ~ンとあがるのに、残念なことをしました。
家康の猛将・榊原康正が、最初に赴任した城の箕輪城。城跡とシバサクラを見物さましたが、キツネに化かされずに済みました。写真に見るキツネなれば、是非とも化かされてみたかった。
歴史ある文化の慣習などは、継続して後世に引き継ぐべきだ。と、痛感いたします。

マグレの木さんへ

箕輪城は家康の猛将・榊原康正が最初に赴任した城なのですか。
さすが勤勉家はよく知ってますね。
ところで10月28日は箕輪城まつりの武者行列やアトラクションとして
箕輪城攻防戦が行われるようですよ。

林太郎さん高崎の箕輪地方にも狐の嫁入りがあるのですか。
方々でこの祭りが行われているようですね。
私もみのわは知っていましたが、このような祭りがあるのは
初めて知りました。

混雑の中上手く撮影されましたですね。

kenさんへ

今年で11回目だそうですが私も初めてなのですよ。
どうゆうコースになるのか何処で撮れば良いのか・・・
カメラマンの後に従えば何とかなるものですね(笑)。
花嫁行列を今日アップするので時間があったら覗いてください。

林太郎さん、ありがとうございます。
私は、スタッフをしている者ですが、いろいろな場面から撮って貰って違った雰囲気で見られます。
今年は、台風のため、初めて「中止」となってしまいましたが・・・・・残念でなりません。
今年は「子供行列」を始め「雅楽の先導による花嫁行列(夜の部)」「甲冑を着た高崎経大生の群読」等、新しいことに挑戦していたので、披露出来ず残念でした。
来年もまた新しいことを行いますので、是非いらしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩道の花 | トップページ | 狐の嫁入り part 2 »