« 古代蓮の里 part 3 (デジブック ) | トップページ | 夏だ 水着でフラダンス »

2012年7月21日 (土)

花ハス遊覧船

城沼に群生するハスの花を観賞できる遊覧船は館林ならではの涼しい夏景色です。

定員30人の船2隻で運航しているのだが、先日の連休には道路の信号待ちではないけれど乗船3回待ちするほどの人気です。

でも船頭さんのユーモアある案内・説明に退屈する間などない30分間の楽しい遊覧ですよ!!。

いざ出航!!

1

花ハスの群生する僅かな水路をユックリと・・・・・

4

像花酒・・・この葉で酒が飲める(茎には酒の通路がある)ユーモアある船頭の説明

3

小振りだが自然の花ハスは美しい

6

水面に揺らぐ水鏡の花ハスも・・・・

5

大きな葉の上に花が開くのが「花ハス」

8

7

城沼の蓮は「食用蓮」が多く葉の下に花が開く

9

この花の下に蓮根が・・・・(茎の長さは約2m 今では食用として獲る人はいない)

10

(7月16日撮影)

  運航期間 7月10日(火)~8月12日(日)

  運行時間 午前9時~午後3時(随時運行)

  乗船場所 つつじヶ岡公園 渡船のりば

  乗船料金 700円

  乗船時間 約30分

「注」雨天・強風時は運休になる場合があります。

« 古代蓮の里 part 3 (デジブック ) | トップページ | 夏だ 水着でフラダンス »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

郊外で自然の空気に触れること、なにぶんにも久しい。湿暑の時、そよいだ風の中、城沼での一コマ。
心が和ごんむ丸木舟(プラスチック)、満員での航走中、船頭さんが「あまり身体を動かさないよう、
転覆の恐れがありますから。」注意されたのではないでしょうか。発声練習は賑やかでも、静かに撮った自然の営み。あ~あぁ~、健康って「本当にいいもんだ!!。」と、思わずにいられない。

マグレの木さんへ

確かにこの日(16日)は猛暑で暑さ日本一の名を汚さない暑さでした。
しかし涼風満点の花ハス遊覧船の名のとおり航行中はさすがに涼しい。
自宅でジットリ汗をかくよりも涼みながら花を見て気分転換出来るので
最高でしたよ。
ただ欲を言えば花が「イマイチ」なのが残念だった。

林太郎さん、こんにちは^^
おお、遊覧船に乗って来たのですか?
あの遊覧船って蓮の中までで突入して凄いよね♪
昨年乗った時にビックリしちゃった!!!
もう、終わり頃に行ったので、数人しか乗り合わせて居なかったけれど
とっても楽しかったと覚えています。
理彩也もお呼びがかかっているので、そのうち行こうーっと。。。
4枚目の写真は涼しそうに見えてナイスショット☆彡 (^^)

蓮舟も混んでるようですね。
暑い館林の涼しくなる名物になればいいね。
コブハクチョウはいませんでしたか?

舟からの写真もいいですね。
もっと花が咲いてるといいんだけどね。

満員ですね~
一度乗ってみたいです。
4枚目、5枚目、好きだなぁ。
ほんとにコンデジですか…
ナイスショットです。

理彩也さんへ

結構楽しい船上クルーですよね。
ただ蓮の花が少なかったのが残念でした。
今年は1週間ぐらい遅れてるとのことなので
今週が見頃なのでは・・・・。

hokepieさんへ

暑い暑い館林ですがさすがに城沼の船上は涼しかったですよ。
あっそうだ パークインでコブ白鳥の子供??を一羽見付けましたよ。
自信はありませんが多分そうだと思います。

パークインの職員に聞いたところ今年の蓮は例年より一週間ほど
開花が遅れているとか・・・・・。

小太郎さんへ

「ナイスショット」の言葉は大変嬉しく思います。

「コンデジ」を屈指しての苦心の撮影ですよ(笑)。
「デジイチ」が欲しいのですが何せ年金生活なので・・・・・。

遊覧船に乗ったのでね^^) 
 丘からと違って 船からのアングル絵がいいですね 
 700円ですか 500円ならとも思うのですが 
 でも 700円の価値はありましたね。。

遊覧船といえば 板倉方面で渡し舟に乗ったとき 
 レンズの前に付けてあった ラバーフードとPLフィルター が
 レンズから ポロ!! 
 水中に深くに 優雅にゆらゆらスローモーションで沈んでいきました。。 
 船頭さんが言うには
  ”諦めてくんない ここは 深いんだよ”
 
 帰りに太田のカメラのキタムラで買って帰りましたが 
  7~8千円だったか? 高い船賃でした ^^;) 
 
 

keiさんへ

いやいや 花の開花状況がイマイチなので450円の評価ですよ(笑)。

もしかして板倉の「揚げ舟」に乗ったのですか?。
高~い船代になっちゃいましたね。
高価なカメラ持ってたので谷田川の主が多分「ヒガンダ」だのでしょう・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代蓮の里 part 3 (デジブック ) | トップページ | 夏だ 水着でフラダンス »