« 富士山景 part 2 (富士山と桜) | トップページ | 富士山景 part 4 (白糸の滝) »

2012年5月11日 (金)

富士山景 part 3 (忍野村茅葺の里)

富士山からの雪解け水が湧き出る八つの池は湧水百選にも選ばれ、ここからの富士山は「忍野富士」と呼ばれてるようだ。

その景観は素晴らしくまさに憧れの富士山であり、また湧水池周囲の茅葺屋根は古き良き時代を偲ばせてくれる。

その古民家の建物に魅せられ少ない時間を有効に楽しみながら散策した。

忍野八海の中心地(湧池近くの人工池) 

21

清水の湧き出る池(忍野八海の一池)

23

富士山に似せた古民家

28

24

過ぎし日を思わせる長閑な風景

25

霊峰富士と古民家

26

箱庭のような情景

27

(4月29日撮影)

他の観光地と同じく国外からの観光客が多く話し言葉が賑やかである。

ツアーに組み込まれてるのか富士山は標高だけでなく人気も高いようだ。

« 富士山景 part 2 (富士山と桜) | トップページ | 富士山景 part 4 (白糸の滝) »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、こんにちは^^
忍野八海ってツアーなどでも有名ですが、一度行ってみたいです♪
特に今日はこのような素敵な風景を見せて頂いたら
是非に行かねば。。。
古民家の風情も、まるで時代劇みたいで凄いですね!!!
清水の次郎長などが刀をひっさげて出てきそう~ (笑)

おはようございます。
忍野八海っていいとこだねぇ。
林太郎さんが好きな民家と富士山なんていいよね~。
富士山がこんなに大きく見えるんだ。

最後の民家と水車と富士山の写真なんか最高だね。

林太郎さんおはようございます。
少しご無沙汰してしまいました。すみませんでした。
富士山上手く撮れましたですね。
私もこのコースを廻りましたので、当時のことを良く記憶しています。
それでこのブログを拝見しながら撮影地点が良く分かります。

きれいな「忍野富士」に会えましたね、ナイスショット♪
ここは蕎麦も旨いんですいよね。
雪が解ける前に、久しぶりに会いたいな。

理彩也さんへ

富士山を眺めながらの古民家は楽しめましたよ。
清水の次郎長どころか異国人の多いのには驚きましたよ。
日本語では小声で話さなければ恥ずかしいようです(アッハッハハ)。

hokepieさんへ

前々からこのチャンスを狙っていたので楽しめましたよ。
富士山と古民家だけで早起きと長距離が苦になりませんでしたよ。
自己満足した富士山の散策でした。

kenさんへ

忍野八海は初めて行ったのですが友人からその素晴らしさを聞いており
このチャンスを狙ってました。
機会があったら再度訪れたい場所ですね。

小太郎さんへ

念願の忍野八海を堪能でき大満足くですよ。
小太郎さんの富士山の画像が刺激になりチャンスを狙ってました。
蕎麦は食べそこないましたが名物うどんを味わってきました(笑)。

今回、ばっかりはやっぱり、二枚目がいい。そして、黄金色に輝く「干しとうもろし」と富士山、これも捨てがたい逸品。
どこから撮っても表裏一体?。クレオパトラ以上の高貴さ、それは威丈だけでなく優美な健気さを観てとれるのは、世界共通の事実ではないだろうか。
「富士はやっぱり、に・ほ・ん・い・ち・・・♪♪」

 ところで、忍野の近郊だったかなぁ~。富士浅間神社に参詣はなかったのでしょうか。

マグレの木さんへ

富士浅間神社の前を通ったがとても駐車できる状態ではなかったので
横目で見ながら通過しました。

なにはともあれ富士は日本一の山ですね。

はいはいはいはい 
 いいですね 最高じゃぁ~ないですか・・ 
  池に茅葺にとうもろこしに桜に・・・ で日本一の富士山 
  この富士山が入るだけで価値がぐ~~~と上がりますね。。
  そしてご利益がありそうです^^)  
  林太郎さん! でもみんないい写真ですね。。 
  縦撮り写真も大写しで・・・ う~ いいですね。。  

 12日はありがとうございました。。楽しいひとときでしたね。。 
 またの機会を楽しみにしておりましす。

おはようございます
お天気がよくて冨士山がくっきりと見えてよかったですね
茅葺屋根と冨士山は好取組ですね
トウモロコシと桜ですかいいですね

keiさんへ

日本一の富士山を日本一下手の腕が撮りました。
でも富士山には変わりありませんね(笑・笑・笑)。

紅葉の季節に何処かでお会いできればいいですね。

たなちゃんへ

天候に恵まれて富士山が素晴らしかったですよ。
茅葺屋根とトウモロコシは風情がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山景 part 2 (富士山と桜) | トップページ | 富士山景 part 4 (白糸の滝) »