« 春の息吹き | トップページ | つつじヶ岡の梅林 は・・・ »

2012年3月17日 (土)

茂林寺湿地の木道

寒風の吹く茂林寺湿原の木道は地元住民でもこの時季は遠慮するようだ。

萱が木道を覆い隠していたのだが今は刈り取られ湿地から新芽が芽生え始めたようだ。

29日の雪景色から一変した木道

5

今は一面が枯れ草だが・・・・

4_2

新芽が生えて新緑の季節も近い

3

木道脇が緑で覆われる日は・・・・・

2

茂林寺の裏山 木道の出入り口

1

茂林寺散策もいいものです。

« 春の息吹き | トップページ | つつじヶ岡の梅林 は・・・ »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
茂林寺沼の木道の周りって冬はあっさりしてるんだね。
夏はぼうぼうはえてるよね。
何年か前ここの沼でコブハクチョウのヒナが孵ったので見に行ったことがあるよ。
ここへ行くといつも思うんだけどホタルってホントにでるの?

今は地元住民でも遠慮するほどの
風の道なんですね。
やがて花菖蒲なんかが見られそうですが
水芭蕉はありませんか。
もう少し温かくなって欲しいですね。

hokepieさんへ

そうなんですよ 萱が生茂ってるときは木道を歩るくのは一苦労です。
前方は見えず萱をかき分けながら歩くので大変です。
それでも地元散歩人は通りますよ・・・たまにですが。

「ホタルの里」・・・茂林寺沼の水では蛍が飛び交うか疑問です。
正直のところ未だ一度も確認してません(笑笑笑)。

小太郎さんへ

そうなんです この時季上州名物からっ風が吹くので
木道を避けて沼の中央道を歩きます。
茂林寺沼は残念にがら水芭蕉も花菖蒲も見られません。
そんなキレイな清流ならよいのですが・・・・。

林太郎さんおはようございます。

この時期の茂林寺の木道散策も良いものですね。
ここはこれから春になって植物が芽を出すころも良いのでしょうね。
こんど一度行ってみたくなりました。

kenさんへ

植物が芽を出すと同時に葦も生育しだし間もなく覆い尽くされるので、
湿地の美しさを味わう期間がありません。
尾瀬のような湿地ならよいのですが茂林寺沼の水は汚れているのですよ。
湿地帯と言うだけで期待できません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の息吹き | トップページ | つつじヶ岡の梅林 は・・・ »