« 多々良沼の乱れ舞い | トップページ | 荒海宿 ② »

2012年2月12日 (日)

雪の古民家 荒海宿 ①

立春後も寒さ厳しく春遠しの感があるが、同じ寒いなら一層のこと雪国の寒さを体験してみようと会津地方の古民家を訪ねることにした

奥秩父や小鹿野の半人工的氷柱そして梨木温泉の崖上から連なる氷柱をみたので、軒先から垂れ下がる本物の氷柱が見られることを期待して雪国の古民家散策としたのだ。

下記三地区の雪に埋もれた茅葺屋根古民家を数回に分散してアップすることにする。

  1 南会津町 荒海宿の古民家

  2 南会津町舘岩 前沢曲家集落

  3 湯西川温泉 平家の里

荒海宿の古民家は奥会津博物館に付随する建物で、西会津街道(国道121号線)から4kmほど山間に入った場所にある。

昨年紅葉時に行って魅せられた古民家群で、その時とは全く異なる風景を見ることができた。

121号線から博物館までの道路は一面の雪道で戸惑いかぢだ

1

7

この時期見学者は少ないようだ

2

想像よりも小振りな氷柱だった

10

・・・が茅葺屋根は雪の重みに耐えている

6

12

干し柿も寒さ堪えて・・・・

15

博物館員が建物に向かって・・・干し柿を獲りに行くのかな??

20

古民家群の中央広場付近の積雪

5

(2月11日撮影)

日帰り強行軍(総走行距離396㎞)だったが、寒さも吹き飛ばす貴重な体験で大満足の散策だった。

つづく

« 多々良沼の乱れ舞い | トップページ | 荒海宿 ② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん投稿の速さにビックリです。
元気ありますねぇ。
雪の中の古民家って実際には見たことないけど、風情がありますね。
それに屋根からの氷柱もいいですね。
日帰りで400Kmとは凄い!!
まだまだ若いですよ。

日帰り396㎞、がんばりましたねぇ。
好きなのものの為には、たいていのことは
出来るものですが…
見応えある雪景色、すばらしいです。

林太郎さん、おはようございます^^
古民家というより、雪の多さにビックリですね~
さすがは雪国です!!!
でも、いずれもとても見応えのあるナイスショットばかり^^
こういう写真を撮りたいけれど、寒さには勝てない理彩也。
羨ましいです♪

林太郎さん今回の旅は素晴らしい旅でしたね。
やはり苦労が有りますが、雪の景色が最高ですよ。
どの画像も素晴らしいですね。それも古民家だから良いのでしょうね。軒下の吊るし柿が印象的ですね。
雪国では氷柱はそれほど大きくなりませんですね。
私も今週末に新潟に雪景色を撮影に行ってきます。

hokepieさんへ

枯葉寸前の年寄りが単独での400㎞はとても無理です。
雪道の運転は娘夫婦と三人での共同作業ですよ。
昼食代持ちで臨時に雇い入れたパートです(笑笑笑)。

じっくり撮りたかったのですが雪が降っていたし足元も
悪かったので早々に引き揚げました。

小太郎さんへ

年寄りに雪道運転は任せられないと娘夫婦が随行しての
古民家廻りですよ。
道路はともかく建物の周囲は積雪が深くてポイント選びに
歩くのが一苦労でした。

理彩也さんへ

積雪が深いので他に見物人の居ない敷地内を歩くのは
大変な作業ですよ(笑)。
足元が悪いのでポイント選びに一苦労・・・・何も考えず
シャッターを押す始末です。

秋に訪れた時の古民家の感慨は薄れて、建物が雪に埋
もれているだけの印象です。
でも また訪れることになるかも・・・・・。

kenさんへ

娘夫婦と三人で行ったのですが普段見慣れない雪景色が
印象に残りました。
特に古民家を見るのが好きなものですから、疲れましたが
楽しい一日でした。

今年の新潟は特別雪が多いようですから、撮影にもお気を
つけください。
新潟の雪景色がアップされるのを楽しみにお待ちしています。

本気で雪降っている真っ最中ですね。。 
 でまた この雪が積もって 氷柱がこんなに長く垂れ下がった古民家
 いいですね  白い中にオレンジの吊るし柿も絵になりますね。。 
 
え~ 総走行距離396㎞日帰りですか。。 厳しいですねぇ~
 って林太郎 も若いですね^^) 

この後のUPも楽しみにしておりますので。。。

「暑さ寒さも彼岸まで」春の到来が待ち遠しいこの頃です。
そんな時節に、想像を超えた積雪地帯への日帰り撮影旅行、お疲れ様でした。
人気のない集落?、防寒に身を包んで踏みしめながら歩く人。
「不便さは此の上もない」ものでしょう。
一次産業の林業では生活が成り立たず、若者は都会へと移住する。だから、ますます過疎となる。
降雪に縁遠い当地に居住する者、贅沢なんでしょうね。

keiさんへ

高速道の400キロと違い雪道は神経をつかうので疲れますよ。
そうでなくとも老眼なのに白い世界は眼がショボショボです。

午前中は結構降ってましたが午後は「天が味方」したのか
止んでくれました。
貴重な体験でした(命がけ 笑・笑)。

マグレの木さんへ

今回は古民家の移設・復元の無人の場所でしたが、
曲家集落は現在も居住している茅葺の集落です。
次回掲載しますので時間があったら見てください。

おはようございます
雪が多いですね
子供のころを思いだします
干し柿とツララ懐かしい風景です

♪覚えているかい故郷のそらをーーー

たなちゃんへ

当地ではこれほどの積雪を体験した記憶はありません。
子供の頃に膝位まで積ったことがあつたかなー。
最近では雪が降っても路面が白くなる程度ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多々良沼の乱れ舞い | トップページ | 荒海宿 ② »