« 湯西川 平家の里 | トップページ | 雪の茂林寺湿地帯 »

2012年2月27日 (月)

日没前の多々良沼

夕食後の白鳥は「ねぐら」に向かう前の静かな一時を、鴨との餌の争奪戦をすることもなくのんびりと寛いでいる。

日が暮れるのを静かに待っている

10

太陽が西の空に傾きかけるとそわそわし飛び立つ白鳥

3_2

突然飛び立つ              それも単独での飛び立ちは少ない

2  5

滑らかな滑空の5羽・・・・・「待ってー」と追いかける2羽

4

交換レンズのないコンデジでは画像拡大だ(ボケるかも)

1

間もなく夕陽が沈むから・・・・黄金水の余韻を楽しもうよ

7

だけど・・・・・愛しい彼女の顔も区別できないよ

9

夕陽に染まった空では鳥の大群が何処からともなく来たぞ・・・仲間でないことは確かだ

6

それでもまだ諦めきれず獲物を狙うカメラマン

8

(2月24日撮影)

やがて白鳥は各自の確保した「ねぐら」に向かい沼辺はヒッソリする。

こうして周囲が徐々に暗くなり闇となって多々良沼も眠りにつくのだ。

« 湯西川 平家の里 | トップページ | 雪の茂林寺湿地帯 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

夕陽の小径の夕日はほんときれいだね。
飛び出しを数多く撮れましたね。
もう慣れたでしょ。
うまく捉えてますよ!
夕陽のオレンジ色もよくでてるよね。

頭の後ろを縛った人よく見かけますよ。
台車で機材を持ってきてるもんね。

林太郎さん、おはようございます^^
多々良沼は一度しか行ってないので
何処で撮るのが良いのか・・・、それすら分かりませんが
コンデジでこれだけ撮れるって凄いなぁー♪
オレンジに染まった沼と白鳥がとってもステキ☆彡
こういう写真を撮るほどの根性がホチイ^^
遠いから仕方がないけれど。。。
しかし、あのカメラマン達の居る場所っていいね^^

hokepieさんへ

白鳥の飛び立ちはうしても慌ててしまい動く白鳥に追いつけず間に合いません。
教えてもらったように構えてるつもりですがまだまだです。
でもここまで撮れたのだから「よし」としなければ(hokepieさんのおかげです)。
あとはカメラと300mmのレンズですか・・・・・。
そして何時の日かhokepieさんのように撮りたいものです(当分無理か)。

理彩也さんへ

城沼の「朝陽の小径」に対し「夕陽の小径」が二年前に完成しました。
そして今年から此処で餌付けするようになったので、白鳥に近付けるのですよ。
早朝は寒くて起きるのが辛いので、夕焼けの美しい午後からの出動としています。
撮影場所は最高なのだから後は腕ですね・・・・頑張ります。

わぁ、美しいなぁ…
最高の多々良沼を捉えていますね。

週末また水戸に帰るんだけど、今度は
天気が悪いようで。
梅もまだだし、母とのんびり過ごします。

小太郎さんへ

多々良沼の夕陽は結構見栄えが良いですよ。

偕楽園の梅も今年は遅れるのでしょうね。
そうだ仙波湖には未だ黒鳥はいるのですか。
実家に戻った時はカメラだけでなく時には親孝行も
お願いします(大きなお世話ですね)。

千波湖の黒鳥は一年中いますよ。
5月頃は可愛いベビーの姿が
たくさん見られます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯西川 平家の里 | トップページ | 雪の茂林寺湿地帯 »