« 雪の古民家 荒海宿 ① | トップページ | 南会津町 前沢曲家集落  »

2012年2月16日 (木)

荒海宿 ②

寒さはそれほど感じないが粉雪が降りかかるので、シャッターを切りレンズを手で保護しつつ急いで移動だ。

積雪に足を取られブーツ内に雪が入り靴下も濡れてきたが夢中で撮りまくった。

雪国の古民家シーン

3

ますます強くなる雪が雰囲気を盛り上げる

11

屋根からの落雪にご注意

18

4  9

情緒ある家屋だ・・・思い出すなー

8

こんなレトロな「そり」に乗ってみたい

20

降りしきる雪の中でじーと出番を待っている水車

13_3

施設内の中央広場

14

次回は生活臭の漂う茅葺民家の集落をアップします。

« 雪の古民家 荒海宿 ① | トップページ | 南会津町 前沢曲家集落  »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんちわ~。
雪に埋もれた古民家、雪も降って来て情緒あるなぁ。
林太郎さん、埋もれなかった?

民家は人が住んでるんだっけ?

夜、灯りが点けばもっといいよねぇ。

そりはまだ新しそうだけど、刃の下の黒いのはなんだろう?

林太郎さん、こんにちは^^
しかし、凄い風景ですねー♪
こんなにたくさんの積雪の中でシャッターを切れるって凄すぎ!!!
気合いが入ってないとダメだよね、きっと。。。
でも、そのくらいの気合いがないと良い写真は撮れませんね^^
この古民家って住人はいるのですか?
住むのも大変そう^^;
理彩也は一日でギブアップかも? (笑)

hokepieさんへ

奥会津博物館の施設なので古民家の展示だけです。
「そり」の刃の黒さは気付きませんでしたが、見学者が
天候によっては乗ったりして遊べるようです。
この日は凍りついていて動かせませんでした。
家屋内には凧・駒や羽根つきなど子供の遊び道具が
揃ってましたよ。

ただこの時期の見学者は少ないようです。

理彩也さんへ

奥会津博物館の施設なので古民家の展示だけです。
雪のない時期には見学者が結構いるようですが今は
係員だけなので寂しいぐらいです。

南会津町の前沢曲家集落は現在も居住しているので
雪国の生活臭が感じられますよ。
次回にアップ予定です。

やはりこういうところは、雪の降りしきる
シーンがいいですね。

おとうは土間で藁打ちしごと…
って、感じです。
最高のシーンに巡り会えましたねぇ。

小太郎さんへ

こんな雪中撮影にはコンデジが楽でいいですよ。

そう 土間で藁打ちでもしていたら最高ですね。

でも機織り機やその他小道具は展示してあったような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の古民家 荒海宿 ① | トップページ | 南会津町 前沢曲家集落  »