« 尾ノ内渓谷 氷柱 PART ② | トップページ | 多々良沼の白鳥 »

2012年1月18日 (水)

久月耕地 氷柱 PART ③

小鹿野町久月耕地の氷のオブジェは、尾ノ内渓谷からの帰路299号線脇に偶然見られた。

21

予定してなかった「おまけの氷柱」は自然の中での素朴な氷柱だ

22

よくよく観察すると崖上からホースで散水しているようだ

23

24

尾ノ内渓谷の氷柱に習いその翌年から始めたとのことだ(今年2年目か・・)

2625

まさに山間に咲いた氷の芸術だ

27

10台程度の駐車場の他は何の施設も設備もない国道脇の氷柱だ。

小規模ながらそれなりに立ち寄る価値のある氷柱だ

« 尾ノ内渓谷 氷柱 PART ② | トップページ | 多々良沼の白鳥 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、新しい発見ですね。
もうけって感じだね。
散水してるらしいけど、自然の水もあるんだろうね。
河原は滑りそう。
私には無理ですね。

こんにちは
氷見学も気をつけないと転倒してしまいますね
それにしてもツララのように長く伸びてるようです
氷の芸術を写真におさめようと黄色の上着を着た人めだちますね

hokepieさんへ

予定外のものに出会えたのだから「儲けた」って感じです。
崖から滲み出る水が僅かなので人工的に補充してるようです。
3か所の中では一番自然を感じ感動したかな・・・・。

たなちゃんへ

私の他に二人の見学者(カメラマン)だけでしたので
じっくり眺められました。
と言っても寒いし他に何もないのでやたらとシャッター
を切りさっさと引き上げました。

氷柱を直近で撮ると、華やかな「シャンデリア」?と見間違うほどの美麗さに、すごい!!(きれいだなぁ~)。
自然の恵みは日中の太陽、夜には月の光をもらい、風や雨に励まされて織り成す。その造形は人間の欲望を超越した無垢であるからこそ、観る者の心にスゥーと素直に素晴らしさが身体中(冷ッヶ~)に溶け込むのじゃないのだろうか。

マグレの木さんへ

シャンデリアとは素晴らしい表現ですね。

見る角度にによっては氷柱が青白く輝くのですが
画像には捉えきれませんでした。
太陽光線の具合かな・・・・・。

圧倒的迫力ですね~
昨日は角館に行ったのだけど
けっこう温かくて、つららも痩せていました。
こっちの方に行ったほうが良かったかな。

小太郎さんへ

間近くで見る氷柱は迫力ありますよ。

角館の氷柱は痩せている???。
年末からの寒波で大雪が続いてるのに・・。
雪に埋もれた武家屋敷どんなだろうなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾ノ内渓谷 氷柱 PART ② | トップページ | 多々良沼の白鳥 »