« 久月耕地 氷柱 PART ③ | トップページ | 白鳥観察 »

2012年1月22日 (日)

多々良沼の白鳥

多々良沼東南の「夕陽の小径」から眺める夕陽は絶景だ。

黄金色に染まった水面を白鳥が戯れ浮島弁財天方面から夕陽を浴びて飛んでくる白鳥も素晴らしい。

・・・・がカメラに収めるのは難しい。

浮島弁財天方面から来るぞ・・・・・

13

編隊組んで上空を旋回中(カラスと見間違いそう)

8

やっぱり旅慣れてるモデルは別格だ(夕陽を背にするよ)

3

正面からの着水上手くいくかな

9_2

上手くできそうだ

10_2

わたしはやり直しだ・・・よ

11_2

着水成功

12_2

夕陽を背に浴びて雄叫びだ・・・・

4

(1月18日撮影)

真近くで白鳥観察できるので初心者がコンデジでも楽しめる多々良沼だ。

近々再度訪れることにしよう。

« 久月耕地 氷柱 PART ③ | トップページ | 白鳥観察 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、良く撮れてますねぇ。
現場の状況がよく分かりますよ。
一枚目は太陽と飛んでくる白鳥の様子が分かるし、2枚目は青みががかった大空にたくさんの白鳥が写って、3枚目はくっくりと白鳥の姿が写って、そのあとの着水シーンもよく捉えてるし、最後の光芒の中の白鳥ときらりと光るカモも素敵ですよ。
とてもコンデジとは思えない画像ですよ。
逆光でここまで撮れれば凄いですよ。scissors

hokepieさんへ

無風で暖かな日だつたので私にしては珍しく2時間半
も粘りましたよ。
辺りが薄暗くなりついに飛び立ちは撮れませんでした。

グッドなコメントありがとうございます。
hokepieさんに「良く撮れた」などと言われると
白鳥撮りにハマりそう・・・。

空中を群れで飛ぶ、黄金色に染まった夕日のニ羽、実に「す・ば・ら・し・い」圧巻でもある。
広い空間の気に入った一部を寸借して撮る。瞬時の出来事。レンズから眼を離したときには変化して元にあらず。水の流れ以上に千変万化する。
日頃の心がけ以上に、これは根気よく頑張った成果、両足が地面に凍てついて、動くことが困難でした。

素晴らしい舞ですねぇ。
逆光の写真もとてもきれいです。
自分も水戸の白鳥を、もう一度トライしたいんだけど
今回長く遊んじゃったから…
時間が欲しいですねぇ。

マグレの木さんへ

鳥類を撮るのは忍耐が必要ですね。
セッカチなもので辛抱できないのですよ。

「すばらしい」のお褒めの言葉ありがとうございます。
再挑戦する励みになりますよ。

小太郎さんへ

たまたま天候に恵まれたので辛抱出来たのですよ。
それに地元なのでチャンスが多いのかも・・・・。

毎日寒い日続いてますね
白鳥の群れが夕陽に冴えてます
飛んでる姿きれいに撮られましたね

たなちゃんへ

飛んでる白鳥を捉えるのは難しいですね。
暖かい日だつたのでこのチャンスまで待てたのですよ。
館林では現在の飛来数が最高なのでは・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久月耕地 氷柱 PART ③ | トップページ | 白鳥観察 »