« 散歩道の秋景色 | トップページ | 彼岸花の里(伊勢崎早川淵) »

2011年9月23日 (金)

東国花の寺 常楽寺

「東国花の寺100ケ寺」とは、関東エリア1都6県の花木をご縁とする寺院で構成され、群馬県内でも14寺院が加盟している。

28番花の寺太田市常楽寺は知る人ぞ知る彼岸花の名所でもある。

小雨降る中の彼岸花は、時期既に遅く深紅の花や白い花も色褪せ項垂れていた。

ただ雨のお陰で水滴を含んだ花がより美しく映り輝いて見えた。

曼珠沙華 咲く野に出でよ 観世音

14

15

(画像をクリックして拡大できます)

1618

1319

17

12

11

(6月22日撮影)

常楽寺は群馬14花寺の一寺で真言宗豊山派だが、宗派や宗旨に関係なく「心に花を咲かせて欲しい」の願いが籠っているようだ。

今日から心新たに花を愛することにする・・・か?。
















« 散歩道の秋景色 | トップページ | 彼岸花の里(伊勢崎早川淵) »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

雨上がりの常楽寺ですね。。 
 彼岸花は雨の雫がとてもよく合いますね。。
 愛嬌がありいろいろなポーズをとっていて 
 今にも声を掛けられそうな羅漢さん
 この羅漢さんも入れてうまく構図を考えられていますね。。。

私は本日また。。。 
 今シーズンひがんばなの時期3回目です。。
 今日はカメラマンは とっかえひっかえずいぶん来ていましたね。。 
 これで 見ごろなのか 早いのか まだなのか 過ぎたのか
 わかりません? 
 例年もっと 数があるのですが。。 
 鐘突堂周辺はやっと芽が出てきていました。。 
 

こんにちは
彼岸になると必ず咲きますね
それでヒガンバナですか
やはり赤い花ならマンジュシャゲですね

keiさんへ

ワンシーズンに3回もご面会するのですか・・・。
下見と本撮りと確認のために・・・・。
そしてその都度数時間を費やすのですね・・・
その結果があのような素晴らしい画像となるのか。

とおり一遍のパチパチで僅か30分の滞在では
この程度で当たり前か・・・納得です。
これからkeiさんを見習わなくては・・・・・。


たなちゃんへ

赤い小花なら曼珠沙華・・そんな歌がありましたね。
この時期に真っ赤に彩り周囲を賑わしている。
確かに彼岸に相応しい花なのかも・・・・。

先日の台風で倒れたという話しも聞いたのですが
見事に絵にしていますね。
明日の午後、太田で打ち合わせがあるので、
寄れたら寄ってみますね♪

こんばんは。
常楽寺っていいとこみたいだね。
背景と彼岸花を合わせて撮る箇所が多いようだね。
私も後でいきま~す。

小太郎さんへ

ここ常楽寺は昨年小太郎さんに教えてもらったのですが
今年も行ってきました。
台風の翌日だったので、時折小雨がぱらつきましたが
水滴つきの彼岸花が撮れ良かったですよ。

hokepieさんへ

写欲をそそる被写体なのでhokepieさんなら
素晴らしい画像になること間違いありません。
是非出かけてみてください。

林太郎さんこんにちは。
私は以前から常楽寺の彼岸花は知ってはいたのですが、
今回初めて行ってきました。素晴らしいお寺に驚きました。
台風15号で少し花が折れていました。
それに少し天気が良すぎて良い写真が撮れませんでした。
今年はもう一度挑戦してみます。

林太郎さんの彼岸花と羅漢さんも上手く表現されていますね。
何回も通わないと良い写真は撮れませんですね。

kenさんへ

天候に恵まれてよかったのでは・・・。
私は台風直後だったので降ったり止んだりの惨めな日でした。
ただそのお陰で水滴の付いた彼岸花が撮れましたよ。
技術があれば美しい画像になつたのでしょうが(笑)・・・。

夕方行けました。
夕陽が当たって、とても美しかった。
まだ、しばらく楽しめそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩道の秋景色 | トップページ | 彼岸花の里(伊勢崎早川淵) »