« 上野村 龍神の滝 | トップページ | フラ たぬき »

2011年7月19日 (火)

城沼の花ハス

蓮の花が開く前を狙って早朝(6時)の城沼に出かけたが既に陽が昇り遅かったようだ。

それに沼辺の蓮の花は傷が多い・・・それでも今が多分見頃なのでは・・・・・

1

3

4

前日仕掛けた網の引き揚げ・・か

2

早く撮らないと開き過ぎちゃうぞ

5_2 6_2

5

6

白鳥だって蓮ハナを見る資格がある・・・はずだ

3_2

でもソッポ向いてるよ

4_2

親子三人仲良く過ごそう

8

城沼に群生する花ハスの絶景を船上から観賞する遊覧船は、優雅に咲き誇る花ハスを真近で観賞できますよ。

運行期間 7/10(日)~8/12(金)

運行時間 9:00~15:00(随時運行)

乗船場所 つつじヶ丘公園 渡船のりば

乗船料金 700円 (約30分)

« 上野村 龍神の滝 | トップページ | フラ たぬき »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、こんにちは^^
城沼の花ハスは遊覧船が出ることと
常駐の白鳥がいることで他の蓮場とは違いますね♪
良いロケーションだと思いますよ^^
理彩也も是非、時間を作って撮りに行きたいです!!!
今日のお写真の中でも、やっぱり、白鳥と花ハスがナイスショットです☆彡
ここで撮る場合は、やっぱり望遠レンズが良さそうですね!!! 〆(・・*) メモメモ・・
良い情報をありがとうございましたm(_ _)m

そうでした、城沼は白鳥がいるんですよね♪
ちょうど、見頃の蓮が朝陽を受けて輝く様子は
最高の被写体ですねぇ。
朝には自信があるので、蓮は大好きな被写体です。

ハスの外皮は薄紅色、内皮が真紅で、広がった花びらは淡い薄紅色に変化するんだぁ~。ハスは中心の芯が赤紅色、茎から花びらの先端にかけて薄紅色に変化している。・・・と考えていました。
しかし、夢想と現実が逆転していた。「いままでの先入観は、なに?。」チャント観ていない迂遠さに気付かされました。脱帽。
だが、白鳥は渡り鳥じゃあないの?。城沼を永久の棲み家にしている。ほんとうでしょうか。それにしてもゆったりしていて、「オツ」なもんです。

理彩也さんへ

そういえば花ハスの群生地に白鳥が泳いでいる場所は珍しいかも。
でも望遠レンズのないコンデジではこれ以上接近出来ないのですよ。
もっともレンズがあっても上手く撮れないでしょうが・・・。

近日中に「花ハス遊覧船」に乗船して眼前のハスを捉えたいと
思います。

小太郎さんへ

蓮は見頃で白鳥が泳ぐ城沼は被写体としていいのですが
思うようには撮れないものですね。

もっと早起きしなくては「ダメ」なのだろうか・・・・。

マグレの木さんへ

城沼には永住権をもった白鳥がいるのですが、先月こぶ白鳥の
雛が誕生したと新聞で報道されました。
誕生地のパークイン付近を時間を変えて散歩しているのですが
未だ出会えていません。
そのうち親子連れの白鳥と逢えることを期待しているのですよ。

おはようございます
朝から雨降って寒いくらいです
節電にはいい温度です

蓮が見事に咲いて白鳥もあまりきれいで考えこんでるようです
大丈夫です白鳥が一番きれいですと言いたい

たなちゃんへ

さすがに白鳥も動きが鈍いようです。
綺麗な蓮の近くには寄りたがらないですよ。
蓮と比較されるのが恐いのかな(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野村 龍神の滝 | トップページ | フラ たぬき »