« お座敷観賞会 | トップページ | 甘楽町 楽山園 »

2011年6月26日 (日)

花摘み娘登場

「館林花菖蒲まつり」のフィナーレを飾るのは何と言っても花摘み娘の撮影会だ。

まつり期間中の数あるイベントの中でも最も人気があるようだ(高齢カメラマンにだが・・・)。

毎年若き美女たちに合いに出かけてるが、今年も専門学校生10名がそれなりの服装でモデルを務めてくれた。

「此方に来て」「此方向いて」「花を摘む仕種して」とカメラマンの注文は容赦がない。

もちろん私も遠慮しつつ「ハイ笑って」

6

(クリックすると拡大できます)

8 10_2

11 9

カメラマンはほとんどが同年輩だ

7

乙女の笑顔はいいものだ・・・

5

2011.6.25 PowerShot SX10

・・・おまけ・・・

今日は高校生による「抹茶会」も催されていたが、作法を尊ぶ茶会は敷居が高く遠慮して室外からパチリ。

茶菓子だけでも食べたかったなー(笑 参加費200円)

3 4

21日の「琴と尺八のしらべ」イベントでは市内の愛好家による演奏があったが、着物でないのが残念だった。

2

1

4回にわたる「花菖蒲関係」にお付き合いいただきありがとうございました。

次回は市外散歩(甘楽町 楽山園)をアップします。

« お座敷観賞会 | トップページ | 甘楽町 楽山園 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さんおはようございます。
館林の菖蒲摘み乙女良い写真を撮りましたですね。
私も行きたかったですね。
来年は是非お知らせください。

それにしても撮影者が多いようですね。
表情がとても良いですね。
このような写真が大好きです。

林太郎さん、こんにちは^^
うわー、上手く撮っていますねー♪
花摘み娘とお琴&尺八、そしてお茶席と盛りだくさんのイベントですね♪
花摘みは土曜、日曜と聞きましたが、お琴の演奏は別な日だったのですね^^
こういう場所で聴くお琴はいい音色でしょうね、きっと!!!
しかし、雨が降らなくてよかった、よかった^^

kenさんへ

祭り期間中の2日間だけのイベントですがカメラマンに
人気があるので毎年開催してます。
今年は祭りの最終日に設定されたので花の見頃が過ぎ
花摘み娘のように笑顔とはいきませんでした(笑)。

来年のイベント内容が発表になりましたら連絡します(4月頃)。

理彩也さんへ

まつり期間中はいろいろなイベントが開催されますよ。
通学路のようなもので毎日歩く散歩コースの一部ですが
いろいろなイベントに遭遇し散歩中止も多います(笑)。
でもやっぱり土・日の午前中が多いですね。

来年はお座敷で観賞してみようと思ってます(座れるかな)。

はい!乙女の笑顔はいいもですね。
あ~行きたかったなぁ。
しばらく休みはありませんでした。

小太郎さんへ

若い人の笑顔に接すると生きる望みが生まれますね。
特に今日は笑顔を一人占めした錯覚にとらわれましたよ(笑)。

我が家庭でもこんな笑顔があったらなー。
あれから40年ではね・・・・・・・・。

館林の花菖蒲祭りにぎやかですね
おそろいのかさで花摘みがんばってるようです
カメラマンのねらいどころですね

たなちゃんへ

花菖蒲まつりも終了し次なるイベントは「花ハスまつり」です。
乙女の登場はありませんが花ハス遊覧船が運行されます。
期 間 7月10日~8月12日
乗船料 700円(約30分)

ピリッとした輝く若さを撮る「中高年の人々」、その右端にどこかで見かけた顔(錯覚?)を見たが・・・。
催事とはいえ、日本の作業着「モンペ」姿にお目にかかることは皆無、彼女らにとっても青春の思い出。そしてカメラマンに元気を与える起爆剤ともなる。
写真を通して元気をもらいました。
老人心ながら、撮ることに夢中になるのも結構ですが、熱中症にご用心。

マグレの木さんへ

高齢者は花菖蒲より美しい乙女をファインダーで覗き活力を養成しています。
でもそのことにに熱中し過ぎると「熱中症」になるのも時間の問題かなーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お座敷観賞会 | トップページ | 甘楽町 楽山園 »