« 花摘み娘登場 | トップページ | 富岡製糸場 »

2011年6月30日 (木)

甘楽町 楽山園

車での市外散歩に出発したら、車が勝手に群馬県西部の甘楽町楽山園に向ったので仕方なく園内散策だ。

織田信長の次男  信雄(大河ドラマ「江」のいとこ)が城下町を築く際に造られた庭園で、池泉回遊式の庭園は当時の格式の高さが偲ばれる(資料による)。

駐車場脇の中小路(道幅14mの大名が通った路)

33

勘定奉行高橋家は、小幡郷の武家屋敷の中で昔の様子を最も残している庭園と屋敷だそうだ。

高橋家のご好意で拝観できるそうだが、現在も住居としているとのことなので白壁の外からの拝観とした。

中門(石垣は修復中)

34

中門からの庭園の景観

36

庭園の全景(二棟の茶屋の後方に熊倉山や紅葉山が望めこの借景を含めると日本一の庭園だそうだ)

32

37 39 

31

拾九軒長屋                                    長屋内から

40 41

42

(6月19日撮影)

駐車場 無料

入園料 現在復元中に付き無料(12年度完成見込み・・有料)

« 花摘み娘登場 | トップページ | 富岡製糸場 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

へぇ、すばらしいですねぇ。
信雄の城下町ですか…
関東には縁がないような気がしてたんですが
勉強不足でした。
完成が楽しみです。

林太郎さん、こんにちは^^
ここってチョット別世界って感じがしますねー♪
まるでタイムスリップしたような、、、そんな地域ですね^^
サスガに論語「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」から
名付けただけはあります。
以前、行きたくて調べたことがあったけれど、つい忘れていました^^;
思っている以上に素敵な佇まいなのですねー♪
チャンスがあったら行ってみたいですが、こう暑くては・・・ダメだね!!! (笑)

小太郎さんへ

周辺に歴史民俗資料館ゃ武家屋敷が点在し楽しめますよ。
ただ私は歴史に疎いのでそーと屋敷の外観見物(笑)だけでした。
今年度中には完成オープンするそうです。

理彩也さんへ

地元の人が「日本一の庭園」と誇るだけあって
素晴らしい庭園でした。
また日本名水百選の雄川堰をゆったり流れる城下町の
古い家並みと桜並木が似合いそうな小幡郷でした。

・・・がこの猛暑 今は静かに寛ぐときで外出控え目ですね。


素晴らしい中門ですね
門から見る庭園がきれいで水面に映った木々がきれいです
長屋ほんとうに長いですね

たなちゃんへ

この長屋は下級武士の住まいを再現したようですが、
室内で生活様式や歴史のVTRが上映されてました。
広々とした庭園は見応えありました。

小太郎さんおはようございます。
私も昔は小幡郷には良く行きましたが、
この楽山園は初めてです、最近出来たようですね。
新しい感じがします。

今度是非行ってみたくなりました。
この辺はゴルフ場が多くあるところなんです。
良いところを案内していただきました。

kenさんへ

群馬でもこの辺はゴルフ場の多い場所のようですね。
それだけ山間地が多いと言うことなのかなーー。
楽山園の近くにも小幡郷GC・甘楽CCがありますよ。
もしかしてkenさんが良く行ったのはゴルフ場では・・・。

甘楽町が10年計画で整備を進め今年度で完成を目指している
国名勝指定の楽山園は、案内板や植栽などの付帯施設を残すの
みで来春オープンの予定だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花摘み娘登場 | トップページ | 富岡製糸場 »