« 古民家散策 (坂野家住宅 その 1) | トップページ | 散歩再開 »

2011年3月13日 (日)

古民家散策 (坂野家住宅 その 2)

巨大地震・大津波の被災地の皆さまには心よりお見舞い申し上げるとともに、より多くの被災者の方々の救出と復興を願っております。

新たな原発問題の発生したなか、当分の間余震が続きそうですのでなお一層のご注意をお願い申し上げます。

古民家散策のつづき  薬医門(表門)を主屋から眺める

17

11

薬医門に向かう街道脇の小屋から

5

坂野家を取り巻く青竹

16

薬医門(表門)につづく白壁塀

4

15

書院への門

20

風情ある白梅と白壁

3

(3月6日撮影)

平成13年から一般公開されたが、入館料300円を惜しいとは思わない魅力ある古民家であった。

昭和43年 国の重要文化財として指定されたのだが、11日の大地震による被害が無かったことを祈るばかりです。

« 古民家散策 (坂野家住宅 その 1) | トップページ | 散歩再開 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

古民家(坂野家住宅)白壁の美しい民家ですね~
春を感じさせる「白梅」も美しいのだが 
竹林が歴史と静けさを感じさせてくれる・・・
北海道に孟宗竹などの竹林が無いためだろうか・・

坂野家住宅も素晴らしいのだけど…
写真、上手く撮っていますねぇ。
特に一連の竹林の絵は、見応えありますよ。
大伸ばしして見たいですね。

sibuyaさんへ

古民家は見ているだけで落ち着けますね。
特に竹林は心が癒されますよ。

小太郎さんへ

竹林の中の小路を歩いているだけで癒されます。
と同時に寂しさも感じますが・・・。

お元気ですか?
ちょっと気になっています。

お元気なら、良かったです。
あるいは自粛ばやりなので…とも
思いました。
自粛で、完全にヒマになっている
小太郎でしたヾ(´▽`;)ゝ

青々した竹がきれいです
白梅もきれいなものですね

小太郎さんへ

ご心配かけました。
元気な証拠に今日は散歩に行ってきましたのでblog復活です。

たなちゃんへ

この時は白梅も見頃でしたが今は散ったかも・・・。
それより古民家に地震の影響が心配です。

何ヶ月振りに開封し、ビックリした。
表門から続く石畳の先には、ドッシリした茅葺(瓦葺?)の佇まいの住居、古木の白梅や青々とした竹林、現世からタイムマシンで、チョンマゲを結った気分で江戸時代へと逆行したのではないでしょうか。      縁先に腰を下ろし、さりげなく
妻に「サ・サをもて・・・!」そんな気分で、春先の空気とそよぎ奏でる竹林の音色に浸りながら、杯を乾す。そんな空想で往時を偲んだに違いない。
いいねぇ~。風情があって・・・。

マグレの木さんへ

外見だけでなく内部も凄い作りでしたよ。
昔の庄屋家だと思うが役人が来家した時の客間が
一の間・二の間・三の間とありそれぞれ格式の異
なる造りになってましたよ。
その他諸々必見の価値あり・・・でした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古民家散策 (坂野家住宅 その 1) | トップページ | 散歩再開 »