« 静かな城沼 | トップページ | 黄昏時の多々良沼 »

2011年2月24日 (木)

雛まつり

桃の節句だよー 今年も茂林寺の狸雛の登場だ。

境内には三人官女や五人囃子のお雛様がずらりとズラリと勢揃い

1

お内裏様 頭の烏帽子が・・・   お姫様がソッポ向いてますよ

5

美男・美女???でしよう   でも良く見ないでーー

2 3

顔が見えなくてこの方がいかも・・・・・  バックシャンだよ

4

文福茶釜の茂林寺では年間各種のイベントを開催しているが、桃の節句の狸雛は年末から年始にかけてのキャンドルロードに続く今年第二弾のイベントです。

« 静かな城沼 | トップページ | 黄昏時の多々良沼 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ここは、ほんとシャレが効いています。
四季折々、タヌキさんの変貌が面白いですね。
ももの節句が終わるまで、雨が降らないと
いいですねぇ。

林太郎さん、おはようございます^^
そうそう、昨日、茂林寺のお雛様のことを知りましたよ♪
以前、一回見に行った事があるのですが
その時は、唖然としてどうやって撮ろうか悩んで上手く撮れませんでした^^; (笑)
今回もスルーしますけれど、街のアチコチでお雛様が飾ってありますよね?
終わるまでに撮るチャンスがあると良いなぁーと思っています♪
林太郎さんは、もう撮ったのかな?

おはようございます

茂林寺の狸さんもきれいな洋服着てるようですね
ひな祭りをお祝いしてるようです
ここはツツジのころ歩いてますがまた行きたくなりました

小太郎さんへ

タヌキの像は変わらなくとも衣装を替えて楽しませてくれます。
キレイに着飾ったのだから雨に濡れさせたくないですね。
あっ そうか 雨の時は傘を差しかけてやりますか(笑)。

理彩也さんへ

今年もつつじが岡第二公園の秋元別邸をはじめ数か所にお雛様が飾られました。
が・・・私のカメラは室内撮影を嫌っておりますのでぱスします。

友達の狸さんがキレイに着飾ったタヌキ雛でご容赦ください(笑)。

たなちゃんへ

茂林寺の狸さんはイベント好きなので季節ごとに衣装替えをしますよ。
それでも顔や姿は変わりませんが・・・・。
でも中にはそれらの衣装にピッタリの狸もいるのですよ(笑)。

満開にはまだ早いが、梅の白い花が咲き始めました。昔はお雛様をどこの家庭でも飾って愛でるものでした。タヌキもお雛様に化けるご時世なのに、日本の伝統文化は衰退の一途ではないでしょうか。われわれが育った時代は「複」、今は「個」、ゴチャゴチャいってもしょうがない。おどけたタヌキのお雛様を見て、チョット寂しくなった。

マグレの木さんへ

おどけたタヌキ雛を見てチュット寂しくなった・・・とのことですが、
これはこれでイベントとして楽しみましょう。
ところで我が家の雛様はどうなっているのだろう。
確か〇〇年前にダンポールに詰め込み保管した筈だが・・・。
その後一度も開けたことなし・・これも日本文化の衰退なのか。

林太郎さん、茂林寺の狸の雛まつり、これはいけますね。
なかなかのアイデイアですよ。
これならば観光客が集まるのでは。

最後の画像が風景を良く出していますね。
これは素晴らしいお雛様を拝見しました。

kenさんへ

茂林寺の狸はイベント好き?なのか季節ごとに衣装を変えて盛り上げてくれます。
檀家代表や地元商店街役員はさぞかし頭を痛めていることでしょう(企画・費用面で)。
そのお陰で市民や観光客は楽しめるのですが・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静かな城沼 | トップページ | 黄昏時の多々良沼 »