« 公園の日だまり | トップページ | 氷柱のカーテン »

2011年1月23日 (日)

誰も居ない つつじヶ岡

冬のつつじヶ岡公園は訪れる人もなく寂しいものだ。

つつじの手入れをする公園管理人以外は散歩人が時折通過するだけだ。

2

1

4 5

この池に氷が張るのは何年振りだろう・・・

3

親子三人連れも手持無沙汰のようだ

10

おーい 誰か話し相手になってくれーーー

6

つつじが咲き大勢の人が訪れるのもそう遠くはないのだから、それまで寂しいだろうが頑張って・・・・。

明日も散歩の時に必ず顔を見に来るから・・・・・

« 公園の日だまり | トップページ | 氷柱のカーテン »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、おはようございます^^
冬のツツジ園はタヌキちゃん達も手持ち無沙汰な毎日ですね? (笑)
温室も閉鎖されちゃったので、理彩也もしばらく行って居ませんが
でも、梅が咲き始めていますよね♪
ツツジの時期もあっと言う間に来ますよ^^
春になると賑やかになって来ますので、その前の静けさも楽しんで下さい♪ (^^)

おはようございます
きれいな青空ですが寒そうですね
木はメタセコイアですか
狸はこれからですね活躍するのは

理彩也さんへ

温室は昨年6月から閉鎖され改造中のようですが、
今は温室内がすっかり整理され単なる空間となってます。
どのようにリニューアルされるのか今から楽しみです。

それまで友人のタヌキさんと公園を守っていますよ・・・。

たなちゃんへ

上州名物「かかあ天下と空っ風」と言われてるように、
この時期は冷たい空っ風が吹き寒いのですよ。
タヌキさんも吹き晒しに立っていて可哀想ですよ。

メタセコイアと言うのですか何の木か知りませんでした。

今年になって、初めての開封であります。
人出で混雑するより、人気のない遊歩道や沼辺の景色も満更悪いものではない。小さな春の足音も聞こえはじめるこの頃、銀杏並木か?、着実に訪れる春に向かって「今」体力を蓄え、天に向かって真っ直ぐに伸びる枝、なにか明るい未来への希望を感じさせます。
今年も見る人々に勇気を育む写真を期待いたしております。

マグレの木さんへ

今年の寒波は未だ居座り続けるようですが、タヌキと共に
つつじが岡公園を守っていきますよ。

こんばんは。
ここは朝、対岸から見るとメタセコイヤがとてもいい感じで見えます。
パークインは行くけどここはツツジ以外は行かないけど、春を待ってる感じですね。

hokepieさんへ

今は寂しいつつじヶ岡公園ですが、古木も銘木も近付いた春を待っているようです。
・・・・私もですが。

ほんとに、閑散としています。
後3ヶ月、じっとエネルギーを
蓄えているですねぇ。
角館の桜と館林の躑躅は、ちょうど
同じ頃に盛りを迎えますね。

林太郎さんおはようございます。

本当につつじケ岡公園には誰もいませんですね。
狸の親子が何を考えているのですかね。

ここも春になると多くの人で賑わいますね。
池の水も薄く凍ったようですね。

小太郎さんへ
誰も居ない枯れ木だけの寂しいつつじヶ岡公園の散歩と
雪深き角館の景観を堪能しながらの散策とは雲泥の差がありますね(ハッハツハ)。
見事な雪の武家屋敷を散策してみたいですーーー。

kenさんへ

狸の親子もつつじが咲き公園が賑やかになるのを
心待ちにしているようです。
最近では池の水が凍ったのを見たことありませんでした。

猛暑の次に寒波 館林も徐々に住み難くなりそーーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公園の日だまり | トップページ | 氷柱のカーテン »