« 誰も居ない つつじヶ岡 | トップページ | 三十槌の氷柱  part 2 »

2011年1月26日 (水)

氷柱のカーテン

年に数度は県外散歩を試みるのだが今回は冬の奥秩父を散策した。

もちろん車での移動だが、真冬の風物詩である岸壁の氷柱氷結した滝に出会うことが出来たのはラッキーだった。

道の駅 大滝温泉から10分足らずの「三十槌の氷柱」は対岸の岸壁が見事に氷柱で覆われている氷の芸術だ。

5

荒川右岸に幅50m高さ8mの氷柱は雄大だ

7

まさに氷柱のカーテンのようだ

1

Photo

清流の映り込みがキレイ??(撮影術があればだが?)

3

2

(1月22日撮影)

夜間(17:00~20:00)はライトアップされるようだし、駐車場(500円)もあり必見の氷の芸術だ。

« 誰も居ない つつじヶ岡 | トップページ | 三十槌の氷柱  part 2 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

間近で見る連なった氷柱、アップした近影は筆舌に尽くせない迫力を放っている。写真がこれなのだから、実際は言うに及ばないことでしょう。「ウワァ~・すげぇ~や!!」昔むかし茨城にいた時、袋田の滝の氷結(落水の70%ぐらいだったか)を思い起こした。だが、こっちの氷柱の方がデカイ規模であります。

見事ですねぇ。
近場にこんな名所が…
この冬、ぜひ行ってみたい場所です。

林太郎さん、おはようございます^^
ここへ行きたくて検索しましたが、その後、行けていません。
本当に聞きしに勝る素晴らしい氷結ですねー♪
まさに自然の芸術ですね^^
そんな素晴らしい氷結を撮りに行けるなんて、本当に羨ましい!!!
しかし、見れば見るほど凄い!!!

マグレの木さんへ

近くで見ると迫力ありますよ。
ただ寒さに耐えなければならないが(笑)・・・。

小太郎さんへ

雪の里山もいいけれどこうした氷の芸術も良いものです。
行動派の小太郎さんなら朝飯前の仕事ですよ(笑)。

理彩也さんへ

もっと迫力ある絵が撮れればよいのですが、コンデジなのでこれでよしと自己満足しています。
迫力ある氷柱にカメラマンも夢中でシャッターを押してましたよ。
あまり遠くないので是非出かけてみてください。

こんばんは。
ここカメラ雑誌でみたことあります。
行ってみようかなと思って忘れちゃった。

見事にとんがって長さのある氷柱だよね。
突き刺さりそうなくらいとんがってるね。

ライトアップもやってるそうで、青と無色らしいね。
きれいだろうなぁ。

hokepieさんへ

とてもライトアップ時までは待てませんでした(笑)。
それでも初めて見たので氷柱に圧倒され楽しめました。

何処も同じですが中高年のカメラマンが多かったですね。

おはようございます
鉄のカーテンでなく氷のカーテンですか
ここは寒いとこなんですね
風邪ひかなかったですか
ライトアップしたらきれいでしょうね


たなちゃんへ

大きな氷柱を初めて見たので圧倒されました。
夜のライトアップは見事なものでしょうね。
機会があったら再度訪れてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰も居ない つつじヶ岡 | トップページ | 三十槌の氷柱  part 2 »