« 湖畔の散策 | トップページ | 晩秋のつつじ »

2010年11月19日 (金)

十月桜

小春日和の散歩人は、気分よく歩けるためか通常より多いので交差時の挨拶が忙しい。

ちなみに小春日和とは、晩秋から初冬にかけての快晴・無風で温かく春のような日のこととある(資料による)。

市内の第二公園では春と勘違いしたのか桜が満開だ・・・ただし10月桜だが。

普段は気付かず何気なく通過しているのだが、小春日和との言葉とともに10月桜が目に飛びこんできた。

そこで思わず ハイ・パチリ

1

2

桜小路の土手では彼岸花の葉が芽生え始めたようだ

彼岸花の葉は花が散ってから芽生えるそうだが初めて見るのだ

(花は葉を見ず・葉は花を見ず)

4

3

(11月19日撮影)

この桜を見て春になったような気分で元気が出そうだ。

毎日通るのだから暫く咲いていて欲しいものだ・・・・。

« 湖畔の散策 | トップページ | 晩秋のつつじ »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん、おはようございます^^
理彩也が彼岸花を撮りに行った時には、チラホラ咲いていましたが
その時からズーッと咲いているのですから、結構、イキの長い桜だとおもいますよ♪
春の華やかな桜とは違い、小さくて可愛いのが十月桜。。。
この地は理彩也も毎年、楽しみに撮りに行く場所なんですよ♪ (^^)
何処かで林太郎さんとニアミスしているかも知れませんね? (^m^) クスッ

10月桜、ちょっと寂しそうなとこが
いいですね♪
今年は鬼石に行けなくなりそうですヾ(´▽`;)ゝ

理彩也さんへ

そう 理彩也さんのblogで10月桜を見た直後は注意して見ていたのですが、
その後は花には無頓着なもので気付きませんでした。
見頃は過ぎたと言うもののこの時期まで咲いてるとは驚きでした。

お友達を時折り訪れる機会に城沼周辺をカメラ散歩しているようですので、
どこかで行き交ってるかも・・・そんな訳はないなー。
もしニアミスしていれば絶対に判りますよ、美人のカメラマンは見逃しませんから・・・。

小太郎さんへ

春の桜と違って派手さはないが楚々として味がありますね。
昨日散歩の途中で撮ったのですが、blogのネタがないのでアップしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖畔の散策 | トップページ | 晩秋のつつじ »