« 塔のへつり | トップページ | 大内宿の民家  part 2 »

2010年11月 4日 (木)

昔の宿場町 大内宿

江戸時代にタイムスリップしたような大内宿は45軒のうち33軒が茅葺屋根そのままの姿だ(資料による)。

約500mの街道には土産物店や食堂・民宿などがあり年間100万人を超える観光地として栄えている(もちろん居住もしている)。

10

6

時間が早かったので観光客も少なく土産物店も準備中の店が多く、地元のおばさんたちとの方言を楽しみながらゆっくり散策を楽しむことが出来た。

2

時間とともに街道も賑やかになり昔を懐かしむ観光客がほとんどだ。(敢えて人物を排してのシャッター切り)。

9 19

7

16

こんな景観(里山・茅葺・棚田)が大好きなのです。

冬季積雪時の景観は別格のようなので再訪問したいものだ(高齢運転が心配だが)。

« 塔のへつり | トップページ | 大内宿の民家  part 2 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ここは雪の季節に行きました。

でも、藁葺き屋根、ほんとイイですね。
この季節、ススキがとても雰囲気を
盛り上げていますね。

林太郎さん おはようございます^^
大内宿は三度ほど行っているのですが、何故か雨ばっかり^^;
理彩也は晴れ女なのですが
同行者が強烈な雨女、雨男かも? (・・,)グスン (笑)
なので、この風景はお馴染みなのですが
最後のススキとのショットは季節感が出てて素晴らしい☆彡
同じ建物を撮っても個性が出て面白いのがカメラですね♪ (^^)

小太郎さんへ

雪の季節に行ったのですか羨ましいですね。
道の駅のパンフを見ると素晴らしい景色なので見てみたいです。
でもそれなりに満足感はありましたが・・・・・。

理彩也さんへ

既に三度も訪れているのですか・・・・・もしかしてここの住人だつたのでは(笑)。
カメラ愛好家のベテランはこうゆう場所をさすがによく知ってるのですね。

私はつい先日教わったばかりでしたよ。
ついでに塔のへつり・那須高原と回ってくることができたので、
それなりに満足しています。

大内宿・・江戸時代へタイムスリップした憧れの宿でゆったりと一日過ごしてみたい
・・維持管理にも経費がかかりそうですが 一泊いくらくらいで泊めて頂けるので
しょうか・・出来れば和服で訪れてみたいですね~

sibuyaさんへ

「和服で訪れてみたい」・・・そんな風情ある大内宿です。
民宿はあるようですがその気がなかったので調査不足で申し訳ありません。
でも高齢者にとってこんな宿場町を散策できたのは楽しい一日でした。
観光のため保存されていると言うものの懐かしさがこみあげる情緒ある宿場でした。

今日は2時起きで、富士五湖を廻ってきました。
塔のへつりと迷ったんだけど、確実な方を
取ってしまいました。
取り合えず正解で、ため息が出るような紅葉に
出会えました。

小太郎さんへ

今日の青空は気分爽快でしたね。
その下での富士山はさぞや素晴らしかったことでしょう。
ため息がでそうな紅葉をお待ちしています。

茅葺屋根の家が並んでますね
昔はほとんどこうだったんですね
ススキのある風景もいいですね
実は前にここ歩きました
http://smcb.jp/_as01?album_id=166601
よかったですね

小太郎さんこんばんは。
大内宿は良いですね。私もここも大好きですよ。
ここに美味しいそばを食べさせてくれるお店があるのですよ。
しかも箸を使わずネギ一本で食べるのですよ。
そしてそのネギもそばとともに食べるのですよ。

今度は私は雪景色を見たいのですが。

たなちゃんへ

茅葺屋根の里山風景が好きなんですよ。
でも・・・周辺では見られなくなったので県外へ出かけたのですよ。
カメラ愛好家はやはり行くところなのですね。

kenさんへ

大内宿の雪景色も見たいですね。
でも・・・あまりにも観光地化し過ぎてるので少しだけイメージダウンです。

朝早かったので残念ながらネギソバは食べなかったのですよ。
そう言えばkenさんは蕎麦が大好きでしたよね。
ネギソバの味は如何でしたか。

今日榛名湖に紅葉狩りに行ってきたので後日アップします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塔のへつり | トップページ | 大内宿の民家  part 2 »