« 高原の散策  (紅葉 part 2) | トップページ | 昔の宿場町 大内宿 »

2010年10月31日 (日)

塔のへつり

高原散策のついでに行楽シーズンでもあるので「塔のへつり」に立ち寄った。

「へつり」とは川に迫った険しい断崖会津の方言で「へつり」と言うらしい。

国の天然記念物に指定され「新観光名所福島30景」の一つで近年観光客が多いのだ。

それだけに海外の観光客も多いようで、今日も前後を歩く人は海外からの観光客(バスツアー)のようだ。

林間の駐車場から2~3分で見下ろすことが出来るのだが、対岸の崖の紅葉は未だ早く案内のパンフには程遠い。(10月17日撮影)

31

35 36

夫婦岩

34

途中の湯野上温泉駅(懐かしい風景だ)

33

このような長閑であろうローカル線に乗ってみたいが何故か車社会なので・・・・・。

« 高原の散策  (紅葉 part 2) | トップページ | 昔の宿場町 大内宿 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

絶景ですねぇ。
塔のへつりですか…
すばらしい!
行ってみますね。

こんばんは。
去年の夏バスツアーで大内宿の帰りに寄りました。
断崖絶壁で川向うには危なそうなので行きませんでしたよ。
紅葉になれば絶景かもしれませんね。
城沼にまだ白鳥は来てませんよね?
多々良沼は、来たらしいけど、まだ沼に降りてないそうです。

小太郎さんへ

多分、断崖が鮮やかな色に染まれば素晴らしい景観と思います。
残念ながら少し早かったようですが、休日は混雑しそうですよ。

hokepieさんへ

多分、今頃は紅葉真盛りかあるいは少し遅いくらいかもしれませんね。
断崖絶壁が鮮やかな色に染まったらさぞかし綺麗でしょうね。
そして大内宿にも行ってきましたので次回アップいたします。

一昨日城沼を一周したのですが、未だ白鳥の飛来はありません。
パークイン付近を泳いでいるのは永住権のある白鳥のようです。

全国でも珍しい茅葺の屋根の駅いいですね
昔を思いだします
あの吊橋を渡ってみたいです

たなちゃんへ

駅の正面からみた駅舎も茅葺屋根で風情があります。
待合室には大きな囲炉裏があり火が燃えてましたが、
私のカメラではよく撮れませんでした(腕が悪いのかも)。

対岸の崖下には短い距離ですが遊歩道がありますよ。

林太郎さんおはようございます。
私も昨年ここに行きました。
最近は韓国客が多いようですね。
福島も見所がいっぱいありますね。

湯野上温泉駅情緒があって良い景色ですね。
途中下車して散策してみたくなりますね。

kenさんへ

湯の上温泉駅は駅舎も風情があるが待合室には囲炉裏などがあり情緒があります。そして駅長・駅員・売店員その他を兼ねた若いお嬢さん一人のワンマン駅でした。

最近は何処の観光地でも海外からのツアー客が多いですね。
顔を見ただけではわかりませんが話している言葉(日本語でない)で外国人とわかります。
もちろん私は日本語専門ですよ(アハッハッ・・)。

今日は館林で打ち合わせがあって、市内を
走りましたよ。
インターに続く道、紅葉がとてもきれいでした。

小太郎さんへ

館林にはよくお出でになるのでしようか?。
街路樹の紅葉のことでしょうか。
キレイとお褒めいただきありがとうございます。
でも・・・カメラが空回りしそうですよ(笑)。

はい、街路樹に思いの外感動しました。
時間が無くて車を止められませんでしたが、
なんとか絵にならないかなぁと思いました。
太田へは毎週のようにいくのですが
館林は、まだたまになのです。
友達になりたい街です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高原の散策  (紅葉 part 2) | トップページ | 昔の宿場町 大内宿 »