« 狭庭の小さな秋 | トップページ | 散歩路の夕暮れ »

2010年9月26日 (日)

ダイヤモンドリリー

雨のち晴れの日本晴れ、そしてそれを待っていたかのように彼岸花が咲き始めた。

秋元別邸の「彼岸花小路」と名付けられた散歩道は、猛暑ため開花が遅れたものの満開の頃は燃え上がる炎のように咲き乱れる筈だ。

3_2

中でも珍しい黄色の彼岸花がたった1本だが見頃である。

2_2

彼岸花の一種と思うがこの花がダイヤモンドリリー(ネリネ)と言うのだろうか???。

1_2

やっぱり彼岸花は燃え上がる炎のような赤がいいね。

4_2

未だ数本の開花だが間もなくエキゾチックな姿を見せてくれることを期待する。

いつもの散歩コースなのに、その日その時により変わった出会いがあるから散歩は楽しいのだ。

« 狭庭の小さな秋 | トップページ | 散歩路の夕暮れ »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

わぁ、美しいですね曼珠沙華。
綺麗というより美しいという言葉が
似合う花ですね。

今朝、少し仕事を抜け出して巾着田に
行ってきました。
ここも妖艶でした♪

林太郎さん
おはようございます^^
おお、御地もヒガンバナが咲き始めましたか!!!
秋本別邸というのは、花しょうぶの咲く所ですよね?
昨年は遅かったので綺麗なヒガンバナは見られなくて残念!!!
真っ赤っかなヒガンバナが咲きそろうとキレイですよね♪
黄色いのはショウキズイセン、ピンクのはナツズイセンに似ていますが
それぞれがヒガンバナ科なので一緒なのかも知れませんね^^
理彩也も行けたら出会いたいです♪

この時期の彼岸花はきれいですね~
燃えあがる赤もいいのですが 黄色の彼岸花が
珍しく‥きれいです。
北海道は気温20℃以下 秋が深まって来ています。

小太郎んへ

巾着田は彼岸花で有名な場所ですよね。
仕事を抜け出して行けるなんて行動派の小太郎さんらしい素早さですよ。

今年も巾着田に行けそうもないので、小太郎さんの彼岸花をお待ちいたします。

理彩也さんへ

秋元別邸は花菖蒲園の場所ですが、例年なら真っ赤に燃え盛っているはずなのに今年は・・・。

「ショウキヅイセン」「ナツズイセン」教えていただきありがとうございます。
地元に咲く花ぐらいは覚えておかないと(努力します)。

sibuyaさんへ

黄色が珍しかったので思わずシャッターを切りましたが、これ1本だけで他はほとんど赤のようです。
もっとも猛暑の影響で開花が遅れて来月初めが見頃となるのかも・・・・。

当地も秋分の日以来20℃以下の日が続き、衣類の入れ替えに慌てています。

林太郎さんおはようございます。

ダイヤモンドリリーという名前の彼岸花なんですか。
今年は彼岸花が少し咲くのが遅れましたですね。
二枚目の黄色い彼岸花珍しいですね。
初めて見ました。白い花は良く見ます。

私も昨日小雨の中群馬の伊勢崎市の早川淵というところに彼岸花の撮影に行ってきました。

小雨でも多くの人が来ていましたよ。

kenさんへ

南アフリカ原産の彼岸花科に属する花に似ているのですが?、
別名ネリネで花の宝石と言われているようです。
間違っているかもしれません。

猛暑の影響で開花が遅れているようで珍しい黄色も1本だけでした。
早川淵の彼岸花は如何でしたか。小雨の中お疲れ様でした。
雨に濡れた彼岸花をお待ちしています。

今日のブログ、苔の階段は
登れないんですよ。
人間の歩くコースは隣にあって

人間が写って無いわけですねヾ(´▽`;)ゝ

明日は館林で仕事です。
雨だから、デジイチは持って
行きませんが。

おはようございます
昨日はいい天気でしたが今日は雨のようです
晴れが続きませんね
今年は猛暑が続いてヒガンバナの開花おそいようですね

たなちゃんへ

猛暑から初秋どころか晩秋に急変したようで、健康維持に戸惑っています。

今日は冷たい雨の11月の気温とか・・・。
彼岸花の開花が遅れただけでなく、野菜の高騰や果物類の不作とこれから先が思いやられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狭庭の小さな秋 | トップページ | 散歩路の夕暮れ »