« 早朝の城沼 | トップページ | オニバス  part 2 »

2010年8月30日 (月)

オニバス

世界最大の浮葉の中に咲くオニバスの自生地が、館林近在のこんなに身近な場所にあるとは知らなかつた。

名前は鬼蓮だが小振りの可憐な花である。むしろ花よりもその葉のほうが、トゲがありごわごわ・ゴツゴツしていて鬼の身体を感じる。

オニバスの4人姉妹

3

自生地のご案内

1

分厚い浮葉を突き破り花開く

7

美人オニバス

5

名前に反して可愛いですね・・・誰かさんのように。

« 早朝の城沼 | トップページ | オニバス  part 2 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

葉っぱを突き破って伸びてくる様子は
迫力がありますよ。
睡蓮の仲間なんですよねぇ。

ほんとにきれいな花です。

オニバス知らなかったです
体はゴツゴツしているようですが花はきれいですね

林太郎さん こんにちは^^
これは見事に花が咲きましたねー♪
大きな葉っぱだけで
なかなか花まで見るのが少ないですが素晴らしい☆
意外と良いですね♪
特に4人姉妹はナイスショット☆彡 (^^)v

小太郎さんへ
いろいろな情報ありがとうございました。

お陰で7時から8時過ぎまでオニバスの鑑賞をじっくり味わうことができました。
平日だったのに7~8名のカメラ愛好家が、展示会に出品するのだと争って撮影してました。
話を聞いたりまた見ているだけでも楽しい一時でした。

たなちゃんへ
名前や大きな葉に反して結構可愛い花です。
私も今回初めてお目にかかりました。

理彩也さんへ
小さな場所ですが今が見頃のようでした。
結構可愛い花でしょう・・4人姉妹に限らず美人さんもいましたよ。
でも開花後3日間の命のようで可哀想な気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝の城沼 | トップページ | オニバス  part 2 »